女性保険の基礎知識とメリット・デメリット

女性保険の種類

 ・生命保険の女性疾病特約
  女性特有の疾病に対して手厚い医療保障をします。
  ・医療保険
  女性特有の疾病に対して手厚い医療保障をします。それ以外の疾病も保障の対象です。
  ・がん保険
  女性特有のがんに対して手厚い保障があります。
  ・積立女性保険
  傷害保険の一種です。女性特有の事情に対応した保障内容で、例えば顔のけがなどには保障額が通常のけがの倍の保障になるなどします。満期まで契約を継続すれば満期金があり、貯蓄性があるのも特徴です。

知っておきたい医療と女性保険の関係

 女性特有の疾病に対して保障がある医療保険や生命保険の特約をつけていて、入院しても以下の場合は保険金は支払われません。
  ・正常な分娩
  ・美容整形
  上記の2つは健康保険でも自己負担です。正常な分娩の場合は助成金が申請することで健康保険から支払われます。
 
  ・帝王切開
  ・流産、早産での入院
  上記の場合は健康保険の支払い対象であると同時に民間の保険でも保障してくれます。女性保険の基礎知識として覚えておきましょう。

女性保険のメリット

 ・最近女性に多い乳がんは30代~50代後半と家庭を切り盛りする最も忙しい時期にかかりやすいです。主婦が病気になると家事が回らなくなります。親戚などが遠方にいる場合は家政婦などを利用しやすくなる女性特有の疾病に手厚い女性向けの医療保険はお勧めです。
  ・女性特有の疾病に指定されるものは保険商品によって異なりますが、子宮筋腫なども当然含まれます。子宮筋腫は成人女性10人に2~4人はあると言われる病気です。ありふれた病気に手厚い保障があるのは安心です。

女性保険のデメリット

 ・妊娠や出産を経験していると肝心の産婦人科系の疾患については保障対象外という不利な条件でしか加入できない可能性がある。
  ・妊娠・出産前に加入しておいた方が有利だが、保険を見直すときに妊娠・出産を経験していると、新たに女性保険に加入しづらい可能性がある。
  ・美容整形などは保障対象外になるので顔にがん等の病気で手術後が残っても美容整形の範疇の保障は得るのが難しい。
  ・一般的な医療保障よりも保険料が高い。

保険料は高いが女性にはお勧めの保険

 医療保障だけでは女性がかかりやすい保険に対して十分な保障と言えないです。結婚していてもいなくても、女性が病気になることで家事が回らなくなる事に対するコストがかかるからです。特に家庭を切り盛りする年代に多いのは女性特有の疾患が多いので、全ての女性にお勧めしたい保険です。