所得補償保険の基礎知識とメリット・デメリット

所得保障保険の基礎知識

 生命保険では万が一「死亡・高度障害」になった場合に保険金が下りますが、医療の進歩により助からなかった命が助かるケースが増えました。「生活費はかかるけれど働けない」状態が発生します。生命保険・団体信用生命保険などは「死亡」しないと保険金が下りません。しかし、所得補償保険は一定の働けない状態になると一定期間の経過後に収入の補填として保険金が下ります。生命保険の「高度障害」よりも保険金が出る病状が軽くても保険金が下りるので、リハビリや療養に安心して専念出来ます。

自営業の方に特にお勧めの保険です。

 会社員の方は傷病手当という制度が健康保険にあります。働けない状態で欠勤になり給与が支払われなくなった状態の時に給料の6割が健康保険組合から通常1年6ヶ月間支払われます。しかし、国民健康保険にはそのような制度はないので、特に自営業の方にはお勧めです。会社員の方も1年6ヶ月しか健康保険組合では保障しない上、給料の6割しか保障がないので生活費には足りない恐れがあるので加入しておくと安心です。生活費の心配をしないで治療やリハビリに専念出来ます。

所得保障保険のメリット

 ・生命保険の「高度障害」のような大病・大けがでなくても、就労不能な疾病になった時に生活費の補償が得られる。特に国民健康保険加入者は傷病手当がない分、加入していると安心です。
  ・生活費の補償があるので、安心して治療やリハビリに専念出来ます。
  ・主契約に関しては生命保険と同様に保険料が控除対象となります。
  ・保険金は生命保険を保険料負担者が受け取った場合は所得税がかかりますが、所得補償保険の場合は非課税です。

所得保障保険のデメリット

 ・健康状態によっては加入できません
  ・特約については所得控除対象外です。
  ・働けない状態の病気やけがでも、内容によっては保険金の支払い対象にならないことがあります。
  ・働けない状態になってから一定期間は支払い対象外の期間が設定されているため、短期間の休業には保険金は支払われません。
  ・掛け捨ての保険になるので、解約返戻金や満期金はないので、健康に保険期間を満了すると保険料は、安心の為の出費になります。

生命保険よりも注目されて良い保険

 死亡時のリスクよりも、治療が必要で働けないリスクの方が必要とする費用は治療代分高くなります。特に自営業の方にはお勧めですが、会社員の方も傷病手当は1年6ヶ月しかありません。配偶者が看病にあたれば働き手が家族にいない状態に陥りがちです。生命保険よりも注目したい保険です。