わたしは入れる?妊娠中の場合

妊娠や出産にはどんなリスクがあるの?

 妊娠中の体は健康そうに見えてとてもデリケートで、様々なトラブルを引き起こす可能性があります。具体的には、子宮外妊娠や子宮筋腫、妊娠高血圧症候群や妊娠糖尿病、切迫流産や早産、貧血や感染症、妊娠悪阻や前置胎盤などがあります。妊娠初期から出産まで、このような疾病のリスクが付きまといます。また出産から出産後にも様々なリスクがあります。具体的には出産時の過量の子宮出血、胎盤癒着による出産後の感染症などです。これらのリスクをよく理解して、備えておく必要がありますね。

妊娠中は保険に入れる?

 妊娠中でも27週目頃までであれば、加入できる保険は多いです。しかし特定部位不担保などの条件が付くことがほとんどです。特定部位不担保とは、特定の部位に生じた疾病やその治療目的での手術や入院について、給付金の支払い対象外とするものです。例えば子宮が特定不担保部位になると、帝王切開か子宮筋腫などが起こった場合も支払い対象外になります。つまり一番保障してほしい直後の妊娠・出産に関わるものが、支払い対象外となるケースが多いのが現実です。

出産後に医療保険に入る場合の注意点

 妊娠中の保険加入では直後の妊娠・出産に関わるものが保障されない場合が多いので、それなら出産後に加入しようと考える方もいることでしょう。しかし帝王切開によって出産した場合、手術をしたのと同じ扱いになり保険の加入に影響がでてきます。保険加入時の告知書の「過去5年以内に入院・手術を受けたことがあるか」という項目に該当するからです。そのため結局保険に加入できなかったり、子宮などが特定部位不担保となってしまったりするケースもあるので、注意が必要です。

直後の妊娠・出産も保障してくれる保険はないの?

 直後の妊娠・出産についても保障される保険があります。例えばエイワン少額短期保険の「エブリワン」やABC少額短期保険の「ABCおかあさんの保険」、フローラル共済の「入院保障付死亡保険」などです。少額短期保険なので、1年更新型で普通の保険より保障が少額なのが特徴です。また妊娠中で他に持病があるから保険には入れない場合でも、例えばエブリワンなどの少額短期保険であれば加入できる可能性があります。やっぱり直後の妊娠・出産も保障してほしいと思う方は、検討してみてはいかがでしょう。
 ※2015年4月時点での商品情報です。詳しくは各保険会社にお問い合わせください。
 妊娠・出産には様々なリスクが伴うため、その備えとして妊娠前に保険に加入しておくのが理想です。しかし加入しないまま妊娠が分かった場合でも、条件付きで加入したり、少額短期保険を利用したりすることはできます。安心して出産を迎えられるように、しっかり備えておきましょう。

おすすめ

  1. 年金制度のしくみ
    年金制度の仕組み  年金制度とは、簡単に言えば若い世代がリタイヤ…
  2. 育児休業法改正「パパ・ママ育児休業プラス」
    育児休業の実態と国の取り組み  昨今、マタハラと言うフレーズがマ…
  3. 医療費が高額になったら高額医療費制度を利用しよう
    高額医療費制度の仕組み  高額医療費制度は、別名高額療養費制度とも言…
  4. 知っておこう!小児慢性特定疾患医療費助成制度
    小児慢性特定疾患医療費助成制度とは?  「小児慢性特定疾患医療費…
  5. 妊活中の費用を支援 特定不妊治療費助成事業
    助成を受けられる人  "特定不妊治療費助成事業において助成金を受…