医療保障と死亡保障のバランス

医療保障の必要性を見極めよう

 医療保険は病気やケガをした際、それにかかる治療費や入院費などを補てんして、負担を減らす役割を担っています。治療費や入院費の多くは、公的医療保険によって最大3割負担で受けることができ、高額になった場合には高額治療費制度によってひと月の限度額が決められており、それを超えた部分は申請によって返金されます。しかし、入院中の食事代や差額ベッド代、先進医療の技術料などは公的医療保険の対象外となり負担が大きくなります。自己負担額を十分に賄える貯蓄がある場合は、医療保険はかならずしも必要とは言えません。しかし貯蓄が十分でない場合や切り崩したくない場合、備えがあるという安心が欲しい場合には医療保険を検討することをおススメします。

死亡保障の必要性を見極めよう

 死亡保障は万が一の場合に遺された家族の生活を支えたり、葬式等の費用として残したりする役割を担っています。死亡保障は全ての人に必ず必要というわけではありません。例えば独身の人で葬式費用を残せればいいと考えている場合、貯蓄で十分備えられるケースもあります。一方で家族がいる場合、遺された家族の生活を支えるために、死亡保障が必要なケースもあります。特に子供が小さい場合には生活費に加え教育資金なども残す必要があり、その必要保障額を貯蓄で備えるのは難しい場合が多いでしょう。

医療保障と死亡保障のバランスのとり方

 医療保障と死亡保障、そのどちらも必要な人も多いことでしょう。そのような場合、どちらか一方を備えるのではなく、バランスを取りながら両方備えていくことが大切です。まずはどれくらいの保障が必要なのかを知り、それに掛かる保険料を確認しましょう。十分に備えようとすると、保険料もそれなりに高くなるケースもあります。備えのための保険料が負担になってしまっては、元も子もありません。月々無理なく支払える保険料になるように両方の保険の保障内容を調整し、長く続けられるようにしましょう。あらかじめ毎月支払える保険料を決めておくのも一つの方法です。

定期的に見直そう

 必要な保障は、ライフプランの変化や時間の経過によって変化します。保険の加入時に、医療保障と死亡保障のバランスをしっかり考えて加入していても、状況が変われば上手くバランスがとれていない状態になることもあります。例えば子供が生まれれば死亡保障の必要額は増え、独立すれば必要額は減少します。また健康に不安を抱えるようになれば医療保障の必要性が高まります。見直しをすることで、バランスがとれた状態を維持することができるのです。
 医療保障と死亡保障は、必要な人にとってそのどちらも大切です。どちらかを選ぶのではなく、両方の保障内容を調整してバランスをとることで、幅広いリスクに備えることができます。見直しをすることでバランスを維持できることも覚えておきましょう。