保険が失効!どうしたら?

直ちに払い込みましょう

 年払い契約で翌年度の支払いを忘れていたり、月払いで口座残高が足りなかったり、故意ではなくともさまざまなケースで支払い不能になり、保険が失効してしまうケースがあります。そんなときはいち早く保険会社に連絡して、いつまでに支払えるか伝えましょう。無連絡で勝手に滞納するのが一番良くありません。信用をなくしてしまいます。
 さまざまな事情で支払いが遅れることは仕方ありませんので、きちんと連絡していつまでに支払えるか計算して伝えましょう。

保険が失効して復活させなかった場合

 保険金をどうしても払い込むことが困難で、そのまま失効になるケースもあります。
 その際も放置せずに、解約したい旨を保険会社に伝えましょう。
 返戻金がある場合は、解約返戻金を受け取ることができます。
 また失効したらその直後から無保険状態になりますので、事故が起こっても保険金を受け取ることはできませんのでご注意ください。
 持病がある場合などは保険加入ができないケースがありますので、なるべく一度入った保険を大切にして失効にならないようにしましょう。

未払いから失効までの猶予期間

 未払いでも猶予期間があります。たいていは1ヶ月です。
 つまり引き落としに失敗して、その次の引き落としで2か月分支払えば保険は有効です。
 ですがその2回目の引き落としでも支払われなければ、保険は失効になります。
 自動振替貸付制度がありますので、解約返戻金がある場合は返戻金の範囲内で立て替えて保険料を支払ってくれますので、保険は失効せずに保証が続きます。
 ただしこれは貸付と同様ですので金利がつきますのでご注意ください。

3年以内なら復活もできます

 失効して3年以内であれば、その間の保険料を支払うことにより復活させることができます。ただし医師の告知や検査が必要になり、診察をクリアしなければなりません。
 保証内容や保険料は以前のままで、そのまま復活させることができますが、さかのぼって支払っても失効期間中の入院や手術の給付金は受けることができませんのでご注意ください。なお、被保険者が亡くなっている場合には復活できませんのでご注意ください。自殺は免責となります。
 保険は自動引き落としで安心していると、うっかり残高不足で引き落としに失敗していることがあります。ついつい毎月のことで自動なので忘れてしまうこともあります。
 そんなときは通知が来ますので翌月忘れずに2か月分支払えば問題はありませんしペナルティもありません。