社会人になったら保険加入はどうする?

若いうちは病気や怪我のリスクに備えましょう

 社会に出て最初はどのような企業でも収入はすくないものです。
 そんなとき病気や怪我をしたら大変ですよね。
 若いうちの保険はそのようなリスクに備えることができます。
 ある程度貯金が貯まっていたら保険なしでもいいのかもしれませんが、保険は若いうちにこそリスクへの備えになるのです。
 不慮の事態になっても生活を防衛するためにも社会人になってすぐの保険をおススメします。
 ただし大企業の場合は病気や怪我での休業補償もしっかりしていますので、お勤め先の福利厚生を確認してください。

若いうちは保険料も割安です

 若いうちは病気のリスクも低いので保険料は割安になっています。
 ですので少ない負担で保険に加入することができます。
 また加入時の保険料が一生続く保険も多いですので、若いうちに入れば入るほどお得です。
 ただし病気や怪我のリスクも低いため、保険金を受け取る確立は低くなります。
 投資と考えてしまえばリターンは低いですが、あくまでリスクをカバーするものと考えれば、若いうちの保険加入は安心を買う意味でもおススメです。

病気になってしまうと加入できない保険が増えます

 若いうちの保険加入のメリットは他にもあります。
 それは、無保険で暮らしていったん病気をしてしまったら、それ以降に加入できる保険が極めて限られてしまい、また保険料も高くなってしまうことです。
 有利な保険は健康なうちに入れる保険です。
 ですので社会に出て体が健康なうちに、保険に入っておくのをおススメします。
 病気をしてからではカバーできる保障も少なくなってしまいます。
 今は保険なんか必要ないぐらい健康だとしても、その健康なうちに入っておくのがいいのです。

結婚したら見直そう

 独身のうちは生活防衛として病気や怪我の保障が手厚い保険に入るといいと思います。
 そして結婚したときに保険を見直せばいいのです。
 大黒柱になったら必要なのは死亡保障です。
 今度は家族のために、死亡後の補償が手厚いものや年金がついてくるようなものを検討してみるといいでしょう。
 保険料は高くなりますがそのころには収入も上がっているはずですので容易に支払えるはずです。
 単身のうちは怪我や病気を、結婚して特に子供ができたら死亡保障が手厚いものにしましょう。
 若いうちの保険はそれなりにメリットがあります。
 まずは怪我や病気に備えた生活防衛です。
 少ない収入から保険金を出す価値はあると思います。
 まずは病気や怪我の保障が手厚いものを検討してみてはいかがでしょうか。