専業主婦に死亡保障は必要?

専業主婦が亡くなったときに起こるリスク

 まず、専業主婦は家事と子育てのほとんどを担っているため、亡くなると家事負担がすべて夫にのしかかります。
 そのため家事を外注する必要がでてきてその負担分がのしかかります。
 また子供が小さい場合はその送り迎えやベビーシッター代など、さまざまな負担が一気に増大します。
 そして日本では父子家庭の手当ては薄いですから、国の支援も期待できません。
 専業主婦は現金収入がないだけで、家事や育児の負担が大きいのです。
 それらを外部サービスに頼むのであれば膨大な負担となります。

お子さんが小さいうちは特に死亡保障は手厚く

 お子さんが大きくなれば必要なのは家事の負担だけですが、お子さんが小さいうちは妻が亡くなると大変です。
 ベビーシッター代に家事代行に、負担の増大は避けられません。
 妻が亡くなっても遺族年金が支給されるようになったのである程度は助かりますが、それでも遺族年金だけではカバーしきれない負担もありますし、またお子さんの学費のためにパートする主婦は多いですから、その分の収入もなくなります。
 やはり1000万程度は入っておいたほうがいいのではないでしょうか。

医療保険の特約はやめて別で契約しましょう。

 死亡保障は、お子様の成長に合わせて見直されると良いでしょう。
 ですので医療保険の特約はつけずに、別で契約されたほうが賢明です。
 特約でつけてしまうと、家計を見直して死亡保障を解約、となった場合に特約まで解除されてしまいます。
 ですので医療保障と死亡保障は分けて契約したほうがいいでしょう。
 生活スタイルが大きく変わってゆく専業主婦ならなおさらです。
 死亡保障はかけすぎても無駄になってしまいますので、ライフステージに合わせて見直してください。

葬儀費用も準備しましょう

 奥様が収入がないからといって無保険ではなにかと困ります。
 たとえば葬儀費用。それだけで300万円前後はかかりますので、葬儀費用だけでも準備しておいてはいかがでしょうか。
 それならば後に残された家族にも負担をかけることなく手続きができます。
 専業主婦だからといってその役割を甘く見ず、しっかりと死亡保険をかけておく必要があります。
 寿命の関係で女性のほうが保険料は安くなります。
 ぜひ専業主婦の死亡保障についても検討してみてください。
 専業主婦の保険はおろそかにされがちです。
 ですが、家事負担や育児負担は非常に高く、ある程度の死亡保障はついておいたほうが安心です。
 300万~1000万円程度の保険をかけておくことが望ましいでしょう。