貯蓄型保険と掛捨て型保険、どっちがいいの?

貯蓄型保険のメリット

 たとえば保険に加入して5年10年と入院などがなければ、お祝い金がもらえる制度があります。
 また保険を使わずに一定期間が経過すると、保険料がもどってくる商品もあります。
 保険料が無駄にならず、健康時のお祝いになるので評判のいい商品です。
 ですが貯蓄性が高いため保険料は高めになります。
 万が一病気で保険を使ってしまった場合は給付は受けられますが、祝い金はなくなります。
 もちろん普通の保険ですので保険金は受け取れます。

掛け捨て保険のメリット

 掛け捨て保険のメリットは当然保険料が安くなることです。
 もちろんですが保険料は返ってきません。
 病気や怪我では給付金が受けられますが、健康であれば一切還付はありません。
 これをもったいないと取るか、リスクに備えている必要経費だと取るかはその人次第です。
 貯蓄型保険、掛け捨て保険、どちらの商品も自分次第ですのでご自身の貯蓄スタイルに合わせて商品を選ばれるといいでしょう。
 掛け捨てがもったいないと感じる人のために貯蓄保険が生まれました。

掛け捨て保険と貯蓄型保険はどっちが良い?

 貯蓄型の保険と掛け捨て型の保険はどちらが有利でしょうか。
 金銭的なことだけを考えると、若いうちは貯蓄型のほうが有利です。
 支払った額以上のリターンを受け取ることも可能です。
 ただしそれはあくまで健康であった場合のお祝い金です。
 年を取るほど病気のリスクは高くなりますので貯蓄型のお祝い金はあてにならなくなります。
 また貯蓄型は強制的な貯金と同じですので、貯金が苦手な方にもおススメです。
 ご自身の生活費の使い方によって決めてください。

掛け捨て型保険と貯蓄型保険の特徴

 掛け捨て型保険の特徴と貯蓄型保険の特徴は、まず掛け捨て型は若いときは安くて年をとると保険料が値あがっていきます。
 また貯蓄型は最初から高いですが、年をとっても保険料が一定額と言う特徴があります。貯蓄型は一生涯の保険ですので、途中解約すると非常に不利になります。
 ご自身がどのような保障を求めているのか、また貯蓄は強制でないとできないのか、保険で貯蓄するよりも万が一のために手元においておきたいのかなど生活スタイルに合わせてください。
 保険を選ぶことは人生と向き合うこととイコールです。
 ですので加入の際はよく検討してください。
 貯蓄型保険で何を残したいのか、誰に残したいのか、または掛け捨て型保険で貯蓄は自分でしておいて有事の際に備えたいのかなど。

※この記事は2015年3月時点での情報を元に執筆しています。

おすすめ

  1. 年金制度のしくみ
    年金制度の仕組み  年金制度とは、簡単に言えば若い世代がリタイヤ…
  2. 育児休業法改正「パパ・ママ育児休業プラス」
    育児休業の実態と国の取り組み  昨今、マタハラと言うフレーズがマ…
  3. 医療費が高額になったら高額医療費制度を利用しよう
    高額医療費制度の仕組み  高額医療費制度は、別名高額療養費制度とも言…
  4. 知っておこう!小児慢性特定疾患医療費助成制度
    小児慢性特定疾患医療費助成制度とは?  「小児慢性特定疾患医療費…
  5. 妊活中の費用を支援 特定不妊治療費助成事業
    助成を受けられる人  "特定不妊治療費助成事業において助成金を受…