がん患者数No.2の“大腸がん”を徹底追及

男女ともに増えているがん”大腸がん”

 日本でかかる人が増えているがんは、「大腸がん」です。食生活が欧米化し、脂肪や蛋白の摂りすぎ、食物繊維の不足などが原因と考えられています。
 
 
 日本人では、1万5000〜1万7000人に1人発症します。
 
大腸がん<遺伝的要因による疾患> – goo ヘルスケア

 
 

 毎年約6万人が罹患(りかん)し、胃がんを追い抜くのは時間の問題といわれています。
 
大腸がん<食道・胃・腸の病気> – goo ヘルスケア

 
 特に、40歳を超えると大腸がんにかかる人が男女ともに急激に増えます。女性では、がんの死因第一位になっています。

大腸がんって何

 大腸の主な働きは、消化吸収された食べ物の水分を吸収することです。
 
 
 長さは約1・8mで口側から肛門側に盲腸(もうちょう)、上行結腸、横行結腸、下行結腸、S状結腸、直腸に分けられます。この部位に悪性腫瘍が発生した場合に大腸がんと呼びます。
 
大腸がん<食道・胃・腸の病気> – goo ヘルスケア

 
 大腸がんは比較的治療しやすいがんと言われています。早期発見であれば簡単な手術で完治するケースが多く見られます。

日常生活でチェックしておきたい項目とは

 
 (1)がん家系である。
 (2)肛門の病気がある。
 (3)肉食が多い。
 (4)喫煙している。
 (5)糖尿病を患っている。
 (6)便秘がちでおなかが張りやすい。
 (7)便に血や粘液が混じる、便が細い、下痢しやすい。
 (8)運動不足である。
 (9)40歳以上である。
 (10)貧血がある。
 
増えている大腸がん part1 – goo ヘルスケア

 
 大腸がんは早期であれば、自覚症状はありません。そのため、定期健診や人間ドックなどで便の検査をすることで、早期発見につながります。より精密に調べたい方は内視鏡検査を受診しましょう。下記の項目に当てはまる人は、大腸がんのリスクが高い可能性があります。

 大腸がんは早期発見をすれば、治療の難しいがんではありません。そのためにも、定期的な診断を受けることが重要です。また、洋食より穀物や野菜、魚類が中心の和食メニューを選ぶことでがん予防につながります。肉や脂っこい食べ物が好きな人は、意識的に野菜を多く摂りましょう。