【本当に怖い】初期症状がほとんどない食道がん

食道がんって?

 
 食道(しょくどう、Esophagus)は、消化管の一部で、口腔、咽頭に続き、食物が胃に送り込まれるときに通過する管状の器官のこと。
 
食道とは – goo Wikipedia (ウィキペディア)

 
 食道がんとは、「食道」にできる消化管のがんです。
 
 

 食道癌の90%以上が扁平上皮癌である。
 
食道とは – goo Wikipedia (ウィキペディア)

 
 口の中で噛んだ食べ物が通るたびに、食道の内部は刺激を受けているため、細胞分裂や入れ替わりが頻繁に行われています。その時、一部の細胞にがん化することで食道がんを引き起こします。

食道がんになりやすい人って

 日本で食道がんにかかる人は男性の方が多く、男女の割合はおよそ3:1です。
 
 
生涯で食道がんにかかるリスク(2005年データ)を見ると、男性で52人に1人、女性で246人に1人とされています。食道がんで死亡するリスク(2009年データ)は、男性で84人に1人、女性で485人に1人とされています。
 
食道がんの検査 – goo ヘルスケア

 
 

年代別の罹患率をみると、男性では40歳代後半から増え始め、50歳代で急増し、70歳代にピークがあります。女性では40歳代後半から徐々に増え始め、高齢になるほど緩やかに増加します。
 
食道がんの検査 – goo ヘルスケア

 
 食道がんのリスクを高めるものは、喫煙と過度の飲酒です。また、熱い飲食物を好むなど、食道の粘膜を刺激する食習慣がある人も食道がんになりやすいと考えられています。

食道がんって、自分で気付けるの?

 
 ほとんどの場合自覚症状がなく、症状を自覚したときには進行していることも少なくありません。そのため、定期検診で早期発見することが大切です。
 
食道がんの検査 – goo ヘルスケア

 
 食道がんの特徴としては、初期段階で自覚症状が出ないことです。そのため、飲み込みにくくなったり、食事の時にむせたりする嚥下障害が現れる頃には、がんが進行しているケースが多く見られます。

 喫煙とお酒の両方の習慣がある人は、食道がんのリスクがさらに高まります。肥満もリスクの要因と言われていますので、注意が必要です。
 
 食道がんは初期段階で自覚症状が出にくいタイプのがんなので、定期的な検診を欠かさないようにしましょう。