20代でも発症!若年化が進む白内障

白内障の症状と治療

 水晶体はカメラに例えると、レンズの役割をしています。白内障は、水晶体が白濁し目にさまざまな異変が現れる病気です。
 
 
 水晶体に白濁が生じると、かすんだり、二重三重に見えたり、まぶしくなります。もっと白濁が強くなると、視力低下が主症状になります。黄褐色の着色が強いと、暗い所でとくに見えにくくなったり、一時的に近くが見やすくなったりします。
 
白内障(しろそこひ) – goo ヘルスケア

 
 症状の進行には個人差がありますが、発症すると治療薬では治すことができません。初期には点眼により症状を抑えます。症状が進み日常生活に支障が出ると、手術により治療します。水晶体の濁りを取り、眼内レンズを入れます。
 
 

 眼内レンズを入れても、遠方かあるいは近くのどちらかにしか焦点が合わないので、眼鏡が必要であることを自覚しておく必要があります。
 
アトピー性皮膚炎による眼の病気(白内障と網膜剥離) – goo ヘルスケア

 
 眼内レンズには度数が入れられます。遠近の両方に焦点を合わせた多焦点眼内レンズもありますが、健康保険に適用されていないため自己負担になります。

40歳以下でも発症する若年性白内障

 
 白内障は年齢とともに進行する病気で、軽度のものはほとんどの高齢者に認められます。
 
糖尿病白内障 – goo ヘルスケア

 
 60歳以上で発症する加齢による白内障を老人性白内障と呼びます。60歳を超えると6割以上の人が白内障にかかるといわれています。老人性白内障は症状の進行が遅く、初期には自覚症状があまりありません。40歳以下で発症する白内障を若年性白内障が増えています。加齢性以外の原因には、先天性や外傷性、アトピーや糖尿病といった疾患や薬の副作用などがあります。紫外線やストレス、活性酸素、食生活なども白内障の発症に影響しているのではないかと考えられています。
 
 

 バドミントンのシャトルや卓球の球など、ちょうど眼窩(がんか)に入る大きさのものによる鈍的外傷が多くみられます。
 
外傷性白内障<外傷> – goo ヘルスケア

 
 外傷性白内障は傷を負ってから十年後に症状が現れることもあります。

白内障の予防方法

 日常生活の中で、白内障を予防することができます。
 
 ・糖尿病にならないようなライフスタイルにする
 ・サングラスや帽子を使用して目を保護し、紫外線を直接浴びないようにする
 ・スマートフォンやパソコンの人工の光を長時間見続けないようにする
 ・水晶体に含まれているビタミンB2、ビタミンC、ビタミンEを摂取する
 ・活性酸素を発生させないようにする、活性酸素を抑える食品を摂る
 
 活性酸素はストレスや寝不足、喫煙などさまざまな原因で発生しています。
 白内障は紫外線や活性酸素、ストレスなどを避けることで予防できます。若年性白内障は進行が早いため、目に異変が現れたらすぐに眼科を受診しましょう。白内障の治療薬はありませんが、眼内レンズの開発が進み述後の見え方も良くなっています。