知っておくと便利な危険な不整脈の見分け方

不整脈とは

 まずは、不整脈とはどういうものか確認してみましょう。
 
 
 心臓は一定のリズムで収縮と拡張(拍動)をくり返し、全身に血液を循環させている。何らかの原因でこの拍動のリズムが乱れた状態を不整脈といい、異常に速くなる頻脈、遅くなる除脈、不規則になる期外収縮の3種類に大きく分けられる。
 
不整脈 – goo ヘルスケア

 
 不整脈は簡単に説明すると、脈が健康時と比べて異常のある状態のことです。健康診断などで不整脈か判断することができます。また現在は、自宅で血圧などと一緒に不整脈も測れる器械があるので簡単に不整脈か知ることが可能です。

注意しないといけない不整脈とは

 脈拍が極端に速かったり、遅かったりする場合は注意する必要があります。
 
 1.心房細動
 心房細動は、心臓の心房部分が細かく揺れることで起こるものです。脈拍数が1分間で100を超えた場合は注意が必要です。
 
 
 発作性頻拍と同じように心房細動が新たに始まる時には、突然始まる動悸として自覚されることが多いようです。胸がもやもやする、胸が躍(おど)るようだ、あるいは胸が痛い、めまいがする、というように感じることもあるようです。
 発作性心房細動を繰り返す時は、症状は強いのが一般的です。意識はあり動けるのですが、仕事が手につかなかったり、集中できません。致死的な不整脈ではありませんが、生活の質(QOL)は低下します。
 
心房細動 – goo ヘルスケア

 
 2.心室細動
 不整脈で注意したいのが心室細動です。心室細動の場合は、脈数が1分間に350を超えるなど極端な数値が現れます。致死性もあるので、早期対応が大切です。
 
 

 心臓は規則的に収縮して体中に血液を循環させているが、心臓の心室が不規則に細かく震えるだけで収縮しなくなった状態を心室細動という。これが起こると心室のポンプ作用が失われて血液を送り出すことができなくなり、数分で脳に酸素が行かなくなる。
 
心室細動 – goo ヘルスケア

 
 3.除脈
 1分間に脈拍が50以下になるものです。倦怠感やめまいなどの自覚症状があります。

脈がバラバラでも大丈夫

 脈が飛んだり、一時的に止まってしまっても問題ない場合があります。
 
 
 期外収縮は、もともとの調律(タイミング)で心拍が生じると予想される時期より早期に生じる電気的な興奮のことを指します。そのため、余分な心拍が現れます。
 
期外収縮 – goo ヘルスケア

 
 期外収縮は健康な人でも見られるケースが多く、ほとんどの場合は問題ありません。自覚症状もない場合が多く、日常生活にも特に問題はありません。しかし、症状が続く場合などは、一度専門機関を受診することが大切です。

 不整脈には、今すぐ対処しないといけないものと問題ないものの2つに分けられます。あなたの不整脈はどのタイプでしたか。脈が極端に速かったり、遅かったりする場合は注意しましょう。また、自覚症状などがある場合などは、早めに医療機関を受診することをおすすめします。