七転八倒の激痛に襲われる尿管結石を知ろう

提供:gooヘルスケア

七転八倒の激痛に襲われる尿管結石を知ろう

尿管結石(尿路結石)とはどんな病気

 「尿管結石」は尿路結石の一種です。腎臓・尿路(尿の通り道)で尿中の成分が結晶化したものを尿路結石といいます。尿管結石は尿管にできた結石のことで、腎臓結石・膀胱結石・尿道結石などの尿路結石があります。
 
 

 カルシウムを含むカルシウム結石がほとんどを占め、食生活や大量飲酒などが原因と指摘されている。
 
尿路結石 – goo ヘルスケア

 
 食品からシュウ酸を過剰摂取すると、尿中のカルシウムが結晶化しやすくなります。また大量飲酒で、結石の材料になる尿酸が増えてしまうこともあるのです。

痛みの強さは?ほかに症状はある

 

 腎盂・腎杯で形成された結石が尿管に下降し、尿の通過障害を来した場合、疝痛(せんつう)発作といわれる七転八倒するほどの激しい痛みや血尿が起こりますが、これが尿路結石の典型的症状です。
 
尿路結石 – goo ヘルスケア

 
 

 激しい腰背部痛・側腹部痛・下腹部痛のほかに、吐き気や嘔吐を伴うこともあります。しかし、結石が腎盂や腎杯にある場合には軽い鈍痛程度です。
 
尿路結石 – goo ヘルスケア

 
 結石が狭い尿路に引っかかったり動いたりして尿路を刺激するために、激痛や血尿が起こります。ただし結石の大きさやできる場所によっては、強い痛みが起こらない場合もあるのです。

もし尿路結石が発症したら

 尿路結石と思われる痛みが起きたら、すぐ泌尿器科をすぐ受診しましょう。症状によって適した治療法が選択されます。
 
 

 結石の治療は、(1)鎮痛などの対症療法、(2)自然排石を促す待機療法、(3)尿酸結石やシスチン結石に対する溶解療法、(4)外科的治療法に分けられます。結石の形態にもよりますが、約8mm以下、とくに5mm以下の結石は自然排石が可能といわれています。
 
尿路結石 治療方法 – goo ヘルスケア

 
 外科的治療法で主に用いられている「体外衝撃波砕石術」は、体の上から結石に衝撃波を当てて結石を砕く手術で、体に跡が残りません。

尿路結石を予防するには

 

 ●1日2リットルの水を飲む
 水分の種類は、水や麦茶、ほうじ茶などがおすすめ。シュウ酸を多く含む緑茶や紅茶、糖分の多い清涼飲料水は控え目に。
 ●肉を減らし、魚を増やす
 肉類をとりすぎると、脂肪酸が結石の原因になるだけでなく、たんぱく質も尿酸や尿中のカルシウムを増やし石ができやすくなる。
 ●主食のドカ食い、夜食の習慣はやめる
 ご飯などの主食や、その他の糖質の食べすぎ、特に短時間の大食いは血中のインスリン濃度を高めて尿中へのカルシウム排出を促進、石をつくりやすくする。
 ●カルシウム、クエン酸を含んだ食品をたっぷりとる
 クエン酸はレモンやミカンなどのかんきつ類に多く、尿中でカルシウムと結合して排泄されやすく、結石を防ぐ。梅干しにも多いが、塩分に注意。
 ●飲みすぎは要注意
 以前はビールをたくさん飲んで石を流すと言われたが、アルコールはシュウ酸も含むうえ、飲みすぎると脱水を招きやすく、尿が濃くなってかえって危険。
 
若い女性にも増えている尿路結石 – goo ヘルスケア

 
 できれば一生なりたくない尿路結石。日常の食生活に上記の対策法を取り入れ、しっかり予防していきましょう。

 主に食生活が原因で起こる尿路結石は、規則正しい食生活を心がけることで予防することができます。また、結石ができても小さいうちなら激痛を起こすこともなく治しやすいので、気になる症状があったら早目に受診しておくこともおすすめします。



オリゴ糖ダイエットは、甘い物好きの味方!

提供:gooヘルスケア

オリゴ糖ダイエットは、甘い物好きの味方!

オリゴ糖

 オリゴ糖ダイエットは、甘いものが食べられなくてイライラしてしまうといった悩みを解決してくれる心強いダイエット方法です。
 
 オリゴ糖は、砂糖の約半分のカロリーな上に、身体への吸収がゆっくりなので、砂糖よりも血糖値が上がりにくいという性質があります。血糖値が上がりにくいということは、お腹が空きにくくなるということです。
 そして、カロリーがあまり体に吸収されることなく体外に排出されるので、ダイエットに効果的なのです。
 
 また、便秘は、余分な栄養を溜め込み、脂肪を蓄積しやすい体質になってしまう原因となりますが、オリゴ糖を摂ることで、腸の働きを活発にしてくれます。これにより、便秘が改善され脂肪燃焼しやすい体質に改善されていきます。
 
 他にもオリゴ糖は、腸内でカルシウムの吸収をよくする効果や骨へのカルシウムの沈着を高める効果がありますが、カルシウムには、脂肪の吸収を抑えたり、体温を上昇させて代謝をよくする効果があり、ダイエットにとても良いのです。

 オリゴ糖ダイエットは、砂糖をオリゴ糖に変えるだけの簡単なダイエットなので、気軽に始められて長続きしやすい方法です。
 1日あたりの摂取量の目安は、1gから4gと言われています。摂り過ぎると、お腹が緩くなってしまうので、気を付けて摂取しましょう。

続きを読む




毎日飲むだけの黒酢ダイエット

提供:gooヘルスケア

毎日飲むだけの黒酢ダイエット

黒酢

 黒酢ダイエットは黒酢を毎日飲むだけのダイエット方法です。
 黒酢にはクエン酸が含まれています。
 クエン酸には食べ物からの栄養素をエネルギーに変えるサイクルをサポートする作用があるとされています。
 さらに脂肪燃焼を促進させるアミノ酸も豊富に含まれており、クエン酸とアミノ酸のダブルの作用でダイエットが期待できると言う仕組みです。
 ビタミンやミネラルなどの栄養素も豊富なのでダイエット中の栄養不足も補ってくれます。
 黒酢を直接召し上がっても良いですし、お料理に入れても良いです。
 お料理で召し上がるときは、豚の生姜焼きに黒酢を入れると酸味が加わって美味しいです。
 黒酢を直接飲むのでは酸味がきつすぎると言う方にもピッタリです。
 最近では様々なメーカーから黒酢サプリメントも販売されています。
 

 黒酢ダイエットはリバウンドしにくいメリットも持っています。
 食事制限でダイエットするとリバウンドしやすいですが、そんな方は一度実践してみると良いです。
 必要な栄養素を補給しながらダイエットできるので美容が気になる女性にもピッタリです。
 

続きを読む




栄養価の高いモロヘイヤで健康的なダイエット

提供:gooヘルスケア

栄養価の高いモロヘイヤで健康的なダイエット

モロヘイヤ

 モロヘイヤは「野菜の王様」と呼ばれるほど、栄養価の高い野菜です。アンチエイジングに働き、血管や粘膜を丈夫にするカロチン、骨粗鬆症を予防するカルシウム、カルシウムの吸収を助ける働きを持つビタミンK、鉄の吸収を助けるビタミンCなどが含まれます。
 そして、カリウムは利尿作用を促し、むくみの予防に働きます。また、豊富に含まれる食物繊維は、便秘の解消を促しコレステロールの吸収を抑えます。  
 モロヘイヤを刻んだ時に出てくるネバネバはムチンという成分で、胃の粘膜を保護して消化を助け、エネルギー源となるタンパク質の吸収を促します。
 このように胃や腸の働きを良くして、コレステロールの吸収を抑え、タンパク質の吸収を良くしてくれるモロヘイヤは、バランス良く食べることで、むくみや便秘を解消し、エネルギーを効率良く燃焼する体を作ってダイエット効果をもたらします。
 

 ムチンは熱に弱い成分なので、生や加熱しすぎない調理法で摂取することが好ましいです。
 免疫力を高める効果もあるモロヘイヤで体の内側から健康を作り、栄養の消化吸収という根本的なところから体を改善することで健康的に、また、リバウンドしにくいダイエットを目指すことができます。
 

続きを読む



ホットヨーグルトダイエットとは

提供:gooヘルスケア

ホットヨーグルトダイエットとは

ホットヨーグルト

 ホットヨーグルトダイエットとは、ヨーグルトを温めて食べるダイエットです。ホットヨーグルトを朝食の代わりに食べるようにします。ヨーグルトはカルシウムが多いということはよく知られていることですが、カルシウム不足が肥満の原因だという説があります。また、ホットヨーグルトは冷たいヨーグルトよりも腸の動きを活発にして、カルシウムの吸収率を上げるとされています。用意するものは、プレーン、低脂肪、無糖のヨーグルトを100g~120g、水を大さじ一杯、はちみつも大さじ一杯です。これらを電子レンジにラップをせずに30秒~60秒かけます。電子レンジから取り出し、かき混ぜてできあがりです。カルシウムだけではなく、ヨーグルトの乳酸菌は免疫力を向上させ、コレステロールを下げる効果もあり、動脈硬化の予防になるとされています。

 カルシウムはイライラを解消してくれますし、ストレスが減れば、ダイエットも美容にも効果があるはずです。また、ホットヨーグルトダイエットは、ダイエットに付きものの停滞期が少ないと言われています。はちみつではなく、ジャムやオリゴ糖を足しても良いとされています。

続きを読む



腰や背中の痛みは内臓のトラブルの可能性

提供:gooヘルスケア

腰や背中の痛みは内臓のトラブルの可能性

尿路結石が潜む場合

 腰と背中のぼんやりした痛みは、尿路結石の可能性があります。
 
 尿路結石は胆汁の成分が固まって胆石ができます。それが原因で発熱などが起こり胆のう炎にかかります。発症とともに腰痛や背中の痛みを伴うこともあります。
 
 

 腎盂・腎杯で形成された結石が尿管に下降し、尿の通過障害を来した場合、疝痛(せんつう)発作といわれる七転八倒するほどの激しい痛みや血尿が起こりますが、これが尿路結石の典型的症状です。激しい腰背部痛・側腹部痛・下腹部痛のほかに、吐き気や嘔吐を伴うこともあります。しかし、結石が腎盂や腎杯にある場合には軽い鈍痛程度です。
 
尿路結石 – goo ヘルスケア

 
 激しい痛みがほとんどですが、慢性的な軽い痛みもあります。一度、発症してから鈍い痛みが続くことが見受けられます。
 

すい炎が潜む場合

 お酒を飲む方で気をつけて欲しいのがすい炎です。すい臓は背中と神経がつながっているため、すい臓に異常があるとみぞおちから背中にかけて痛みを感じます。急性の場合は、激痛が走るのですぐに病院に行けばいいとわかりますが、慢性の場合は気が付きにくいので要注意です。
 
 

 慢性すい炎は、自覚症状が少ないまま炎症が少しずつ進み、徐々にすい臓の働きが低下していきます。おなかや背中の鈍痛が特徴的な症状ですが、すい臓の細胞がどんどん消化されて少なくなってくると、すい液そのものが少ししかつくられなくなるので、痛みは感じられなくなってきます。
 
飲みすぎサラリーマンは、すい炎に注意 – goo ヘルスケア

 
 痛みからは判断できませんが、次第に消化吸収の働きが弱くなり下痢症状が出て栄養状態が悪くなります。血糖値も乱れ、そのタイミングで判明することが多いです。

胃潰瘍や十二指腸潰瘍の場合

 胃潰瘍や十二指腸潰瘍は、主に空腹時にみぞおちやへそのあたりが痛みます。また、背中や腰の痛み、胸やけなども伴います。しかし、上腹部に痛みが現れないケースもあるので気をつけなければいけません。
 
 

 すべての胃・十二指腸潰瘍の患者さんに上腹部痛が現れるわけでなく、20〜30%では痛みが出現しないことに注意する必要があります。とくにエヌセッド由来の潰瘍の場合は、上腹部痛が出にくいことが明らかになっています。
 
胃・十二指腸潰瘍 – goo ヘルスケア

 
 胃潰瘍は40歳以降、十二指腸潰瘍は10〜20代の若年者に多く、どの年齢層も急激な体の痛みを感じます。潰瘍が出血し出すと吐血や下血が見られ、早急に病院へ行く必要があります。 

化膿性脊椎炎が潜む場合

 化膿性脊椎炎は、主に免疫機能が低下した高齢者にみられ、腰や背中の痛みと微熱が現れます。細菌が血液に流れて脊椎を化膿させ、腰椎や胸椎に感染します。
 
 

 急性の場合には、腰背部の激痛、高熱を伴いますが、慢性の場合には疼痛は比較的軽く、発熱はあっても微熱です。病気のある部位の脊椎を叩いたり、押したりすると疼痛を生じます。
 
化膿性脊椎炎 – goo ヘルスケア

 
 膿がたまり脊椎が圧迫されると重症化し、マヒ症状が現れてきます。慢性型として発見されるケースもあり、安静と抗生物質による治療を続けることになります。

慢性的な痛みに注意

 脳梗塞や狭心症、腹部動脈癌など大きな病気から激痛が起きることがあります。たいていは動けないほどの痛みなので、すぐに分かりますが、慢性的な痛みの場合、気づかないこともあるので内臓からの痛みかどうか注意を向けることが大切です。
 
 内臓の病気でない場合は、生活習慣の改善や体操などで改善することもできます。
 
 

 慢性的な腰痛に対しては、主に、日常生活動作の改善、腰痛体操などの治療が行われます。非ステロイド性消炎鎮痛薬や筋弛緩薬が適宜使用されることもありますが、多くの場合、日常生活動作に注意するだけで腰痛はかなり改善します。腰痛の再発防止のためにも腰痛体操は大切です。
 
腰痛症 – goo ヘルスケア

 
 急な痛みが見られるようでしたら、我慢せずに病院へ受診することが大切です。重症化してからだと手遅れになります。

 腰や背中の痛みが内臓の危険なサインを出している場合があります。ただの腰痛だからと勘違いしたままだと、悪化する恐れがあります。特に慢性的な症状は気付きにくいものなので、専門機関などで診てもらうと安心です。
 

続きを読む



Sorry. No data so far.