痩せるだけは危険!本当は怖い脂肪肝

痩せている人でも脂肪肝の可能性がある

 
 肝臓内に脂肪(主に中性脂肪)が過剰に蓄積された状態。肝細胞の30%以上に脂肪の沈着が認められる場合をいう。お酒の飲みすぎが原因のアルコール性脂肪肝と、お酒を飲まない人に起こる非アルコール性脂肪肝に大別される。
 
脂肪肝 – goo ヘルスケア

 
 脂肪肝は、脂肪が肝臓に蓄積された状態です。食べすぎが原因のこともありますが、中には低栄養性脂肪肝と呼ばれるものもあります。低栄養性脂肪肝は、過度なダイエットをしたためにおこる脂肪肝の一種です。極端な食事制限など、ダイエットのしすぎは良くありません。

自覚症状がなく気づかないことが多い

 
 肝臓には再生する能力があります。たとえ半分以上の肝細胞が壊れて死んでしまっていても、ほかの肝細胞がカバーして肝臓としての機能を維持することができます。このことから、よほどの事態にならないと症状が現れないために“沈黙の臓器”などと呼ばれています。
 
沈黙の臓器 肝臓の働き – goo ヘルスケア

 
 肝臓の能力により、たとえ脂肪肝であっても自覚症状がないことが多く、気づいた時にはかなり進行してたということも少なくありません。
 
 

 初期の場合は、後戻りが可能ですが、肝臓に炎症が続くと、非アルコール性脂肪肝炎(NASH:ナッシュ)となり、肝硬変や肝臓がんに進行する可能性があります。
 
最近話題の「第3の脂肪」ってなに? – goo ヘルスケア

 
 さらに、症状が進行すると肝臓がんなどの重大な病気に繋がることもあります。定期的な健康診断の受診などが大切ですね。

脂肪肝を減らす食生活

 脂肪肝を減らすには、適度な運動に加え、栄養バランスの取れた正しい食生活を送ることが大切です。
 
 
 ゴマに含まれるセサミンには、活性酸素の発生を抑え、肝機能を高める働きがあります。また、脂肪肝の予防や二日酔い防止、HDL(善玉)コレステロールの増加、発がん予防などの効果も、動物実験のレベルで明らかになっています。ゴマはすって使った方が、消化がよく、セサミンの効果がアップします。
 
体を活性化する いま話題の7つの食品成分

 
 ゴマには、脂肪肝の予防効果があります。日々の料理にうまく取り入れたいですね。
 
 

 血中コレステロール値の抑制効果も確認されています。また、内臓脂肪は肝臓で燃焼されるので、肝臓が弱っているとスムーズに燃焼できません。酢の成分の酢酸は肝臓での脂肪燃焼に効果があり、さらに酵素も活性化させるので、肝臓を元気にしてくれます。
 
酢のパワーで健康力をアップ! – goo ヘルスケア

 
 また、酢に含まれるクエン酸には肝臓の脂肪を燃焼させる効果があります。現在、リンゴ酢などの果実酢も販売されており、より飲みやすい酢も販売されています。毎日1杯を心がけましょう。

 脂肪肝は、食べ過ぎだけでなく、過度なダイエットでも起こるものです。日々の食生活が極端に偏りすぎていないか見直すことが大切になります。また、脂肪肝を減らすことで肝機能が回復し、ダイエットにも繋がるので、ダイエットをしたい方は、まずは自分の生活習慣を見直して見ましょう。