まだ若いのに更年期?若年性更年期障害とは

まず、更年期障害のしくみを知りましょう

 更年期障害とはそもそもどのようなしくみで起きるのでしょうか。
 
 更年期とはだいたい、「閉経の前5年と閉経の後5年の合わせた10年間」を指します。日本人の女性が閉経を迎える平均的な年齢は、50.5歳とされていますから、一般的には40代後半から50代前半を「更年期世代」といえます。
 
 卵巣機能が衰えて女性ホルモンが減少し、閉経を迎える時期です。この女性ホルモンのうち特にエストロゲン(卵胞ホルモン)の減少に伴って現れてくるのが更年期症状です。ただし、この時期はホルモンの低下に加え、加齢変化、心理的要因、社会的要因などが複雑に影響しあいます。そのため多彩な症状がでてくると考えられています。
 
「更年期」「更年期症状」ってなんですか? – goo ヘルスケア

 
 加齢とともに急激におこるエストロゲンの低下は、女性の体にさまざまな症状を引き起こします。その症状は、肩こりやめまい、イライラや不安感、倦怠感などあげるとキリがないほど。特に「ホットフラッシュ」と呼ばれるのぼせやほてりは、更年期特有の症状と言われています。症状が強く、家事や仕事に支障をきたしてしまうと「更年期障害」と診断されることが多いようです。初潮から始まり、月経、妊娠、更年期と、女性の体は、年齢ごとに女性ホルモンの影響を大きく受けているというわけです。

若年性更年期障害が増えています

 本来なら女性ホルモンのバランスが崩れる年齢に発症する更年期障害。しかし、最近では、まだまだそのような年齢からは遠い、20代や30代の女性にも同じような症状が現れることがあり、「若年性更年期障害」という言葉を耳にするようになりました。
 
 
 はっきりした原因もないのに月経が不順で、次のような症状が2週間以上続く場合はプチ更年期の可能性があります。
 
 <倦怠感、慢性疲労感、冷え、頭痛、肩こり、めまい、のぼせ、微熱、食欲不振、不眠、イライラ、不安感、うつ、気力・集中力・記憶力の低下など >
 
若い女性に増えている「プチ更年期」 – goo ヘルスケア

 
 手足の冷えやほてり、脱毛、不安感など、更年期障害と同じような症状は、やはりホルモンバランスの乱れが原因となっているようです。
 
 

 これらの症状がつらいのはもちろんですが、深刻なのは、女性ホルモンが低下した状態が長く続くことです。放っておくと不妊症になったり、そのまま卵巣機能が低下して本当に閉経してしまう可能性もあるのです。
 
若い女性に増えている「プチ更年期」 – goo ヘルスケア

 
 月経に関する異常は、どんなことであれ女性にとっては危険信号ととらえたほうがよいでしょう。早めに婦人科を受診することが大切です。

なぜ若年性更年期障害になるのでしょうか

 では、若年性更年期障害はどのようなことが原因で起こるのでしょう。
 
 
 いき過ぎたダイエットなどをしてやせ過ぎが続くと、体は生命を維持するのに必要な内臓の働きを優先させ、女性ホルモンの分泌などを減らそうとします。この結果、月経不順や無月経になることがあり不妊の原因になりかねません。のぼせやめまい、情緒不安定などの症状が起こる若年性更年期障害の要因にもなる、という指摘もあります。
 
若い女性の「やせ」「朝食抜き」が大幅増加 – goo ヘルスケア

 
 また、近年、女性の社会進出が当たり前となったため、ビジネス上でも多くの責任を抱えるなど、心身ともに疲労やストレスをため込むことが多くなったと言われています。強いストレスによって自律神経の働きが不安定になると、ホルモンバランスも崩れてくることから、体にさまざまな影響を与えてしまうのです。自律神経失調症との違いは、女性ホルモンであるエストロゲンの不足のがあるかないか、によるとされています。

若年性更年期障害にならないようにするには

 女性の体と密接に関わっている女性ホルモン。そのバランスを崩すことなく若さに合った健康的な毎日を送るためにはどのようなことに気をつけたらよいのでしょう。それは日常の生活習慣の中にポイントがあるようです。まず、睡眠をたっぷりととり、疲労をためない規則正しい生活、そしてバランスのよい食生活を心がけましょう。ストレスをためすぎないようにし、スポーツや趣味、おしゃべりなど上手に発散する方法をもちましょう。
 
 
 家庭でできる対策として、エストロゲンのように働く食材をとる方法があります。
 その代表選手が大豆イソフラボンで、更年期のさまざまな症状を和らげてくれることがわかっています。エストロゲンに比べるとその作用は弱いため、毎日続けてとることが重要です。”
 
女性ホルモンのように働く大豆イソフラボン – goo ヘルスケア

 
 大豆イソフラボンを含む食品の中でも納豆や豆腐は、毎日の食事にも取り入れやすいですね。また、豆乳やきなこもドリンクなどに応用が利きそうです。上手に取り入れてみましょう。サプリメントも市販されていますが、過剰に摂取しすぎると乳がんなどのリスクが高まるとも言われているため、用法や用量を守ることが大切です。

 無月経になってしまった状態を長期間放置すると、治療しても回復までに時間がかかってしまうこともあるようです。月経の異常に早めに気づくことが大切と言えるでしょう。自分の体の状態やサイクルを把握するためにも、日頃から基礎体温を測る習慣をつけることをおすすめします。