若い女性に急増している子宮頸がんの予防法

20代~30代の若い女性に急増

 
 子宮頸部の上皮(粘膜)から発生するがんのことを子宮頸がんといいます。
 
子宮頸がん – goo ヘルスケア

 
 子宮頸がんは、子宮頸部に発症する女性の病気です。1年間で子宮頸がんと診断される女性は、約1万人といわれています。子宮頸がんにかかる女性は20歳を過ぎると増えはじめ、30代後半にピークを迎えます。近年では、特に20代~30代での発症が増えています。ちょうど結婚や妊娠出産を迎える時期と重なって、発症しやすいがんです。子宮頸がんの初期症状は殆どなく、自覚症状が出てからでは、子宮を失う可能性が高くなります。

セックスで感染するウイルスが原因

 
 子宮頸がんの原因と考えられているのは、セックスによって感染する「ヒトパピローマウイルス」というウイルスです。
 
若い女性に広がる子宮頸がん – goo ヘルスケア

 
 子宮頸がんの原因は、ヒトパピローマウイルス(HPV)の感染です。HPVは粘膜の接触によって感染するウイルスで、そのほとんどがセックスによって感染します。このHPVは特別なウイルスではなく、どこにでもありふれたウイルスです。性経験のある女性の約80%に感染経験があるといわれています。性経験のある女性は、誰でも子宮頸がんになる可能性があります。HPVに感染しても、子宮頸がんを発症するのは0.15%程度です。

子宮頸がん検診を受けよう

 
 子宮頸がんをより確実に予防するには、定期的な子宮頸がん検診(子宮がん検診)を受けることが大切です。
 
子宮頸がんの検診と検査 – goo ヘルスケア

 
 子宮頸がんは、検診で早期に発見することができます。早期に適切な治療を受ければ、治すことができる病気です。若い世代に子宮頸がんが増えている背景として、最初の性交渉(=HPVに感染する年齢)が、低年齢化しているのが原因だといわれています。最初に性交渉を持ってから、3年以内に子宮頸がん検診を受けるのが理想です。子宮頸がん検診は、病気の早期発見のチャンスです。定期的に検診を受けることが病気の予防になります。

 子宮頸がんは毎年検診を受けることによって、予防することができるがんです。しかし、日本女性の検診受診率は、20%程しかありません。ほとんどの女性が発症する可能性がある病気なので、検診をきちんと受けて、病気を予防しましょう。