妊活前に知っておきたい化学的流産

流産と化学的流産は違う

 
 流産とは、胎児が胎外で生存不可能な時期の分娩と定義されています。実際には妊娠22週未満の分娩をいい、このうちほとんどの自然流産は、前半の妊娠12週までに起こる初期流産です。
 
流産 – goo ヘルスケア

 
 流産は、早い段階での分娩ですが、化学的流産はかなり初期段階で起こるものです。うまく着床できなかった場合におこります。
 
 正確には化学的流産は、流産とは異なります。人によりますが流産のような重い症状はありません。生理予定日よりも少し遅れてくるもので、生理と勘違いする方もいます。人によっては生理時とは違う塊があったことで判明することがあるものです。

染色体の異常が原因

 
 設計図のミスプリントが遺伝子異常だったのに対して、染色体異常は設計図の枚数違い(数の異常、倍数体(ばいすうたい))や破損(構造異常)にあたります。
 
染色体異常 – goo ヘルスケア

 
 化学的流産の原因の多くは、染色体の異常によるものです。また、異常があるため発育が止まってしまいます。
 
 化学的流産は、発育が止まってしまったり、染色体に異常があるため体外に出そうという力が働いてしまいます。残念ながら、現在防ぐ方法は立証されていません。

妊娠検査薬で分かる化学的流産

 
 妊娠すると体内でHCGという妊娠を維持しようとするホルモンが分泌され、尿に排出される。妊娠検査薬は、このHCGが尿に含まれるかどうかを調べ、妊娠しているか判別するもの。棒状の先端に尿をかけて指定の時間待つと、HCGが含まれていれば陽性反応が出る。
 
妊娠検査薬 – goo ヘルスケア

 
 妊娠検査薬は、ホルモンの有無により妊娠しているか確認するものです。最近は、精度が増し、早期のうちに妊娠が分かるようになりました。
 
 

 私は元々から生理不順で、一ヶ月半に一回とかの周期で来たり来なかったりしていて、その時もあまりに生理が遅れていたので(大体、これぐらいだろうと思われる周期から二週間過ぎたころ)検査してみたのですが、薄っすらと反応が出ました。
 
化学的流産(閲覧注意!苦手な方はみないでください) – 妊娠 | 教えて!goo

 
 化学的流産は、受精しているため妊娠検査薬で陽性反応が出ます。検査薬の陽性反応より、化学的流産に気づくケースが増えています。
 

 化学的流産は、正確には流産とは異なります。化学的流産を繰り返したからと言って、不育症になるわけではありません。妊娠しやすい身体づくりが大切です。化学的流産に気づき、気になる場合は専門機関を受診しましょう。