子どもが手足口病にかかったら今すぐやること

子どもが手足口病にかかったら今すぐやること

脱水症状に注意して水分補給を心がけて

 手足口病はコクサッキーウイルスの一種が感染することによって起こり、口の中や手足を中心に水疱性の発疹が出ます。乳幼児に多く見られ、特に夏場に流行することが多い病気です。
 
 

 夏に好発しやすく、痛みで食欲不振が強いと脱水の危険があるので、水分補給に注意します。
 
手足口病<子どもの病気> 治療方法 – goo ヘルスケア

 
 手足口病の典型的な症状として咽頭痛があり、また口の中にできた水疱が破れると痛みを感じることから、食事がのどを通らないこともあります。痛みが強いと水分も受け付けなくなる子どもがいるので、特に夏場は脱水症状に注意してあげましょう。

対症療法をしながら自然治癒を待つ

 手足口病に特効薬はなく、基本的には経過観察しながら自然治癒を待つことになります。ただし、発疹のかゆみが強いときには抗ヒスタミン薬、発熱が見られるときは解熱剤など、症状に合わせた対症療法は行われます。
 
 

 手足口病に効く薬はないので、いかに状態よく過ごし、病気の時期をやり過ごすかということですね。
 熱が高くてぐったりするなら解熱剤を使うこともありますが、元気なら必要ないです。
 口内炎で食べにくくなり飲んだり食べたりできなくなることに注意というのがホームケアの一番のポイントです。
 口当たりのいい、痛みが少ない、消化のよいものを上げて、おしっこがちゃんと出ているか気を付けてあげましょう。
 
今年の手足口病 – ひだまりクリニック~産んだ後にも母親学級~

 
 大半は1週間から10日程度で自然に治癒しますが、まれに髄膜炎や脳炎など中枢神経系の合併症などが起こる場合もあります。高熱が続いて苦しんでいる、嘔吐する、おしっこが出ない、などの症状が見られたら、すぐに病院で診てもらいましょう。

素人判断せず迷ったら病院へ

 手足口病は夏場に流行ることが多いため、手足にできた発疹はあせもと間違えることもしばしば。また、口の中に水疱ができる病気では、他にもヘルパンギーナという夏風邪の一種もあります。
 
 

 ときには発疹が手の甲や足の甲に出てくるケースもあります。素人判断で悩まずに、かかりつけの小児科に相談するようにしましょう。
 
手足口病 – gooベビー

 
 手足口病は基本的には自然治癒する病気ですが、家庭内での感染を広げないためにも、念のため病院を受診した方が良いでしょう。

タオルの共用はNG!普段の生活でできることとは

 手足口病は飛沫感染、接触感染、また糞口感染(便の中に排泄されたウイルスが口に入って感染すること)などで広がります。そのため感染を予防するには、こまめな手洗いが欠かせません。
 
 

 手足口病の予防接種や予防薬はありません。手洗いをしっかりとする事、タオルの共用はしない事。そして手足口病に罹ってしまったら1週間は外出をできるだけ控え、外出時にはマスク着用するように心がけると良いかと思います。
 
手足口病 – 事務長日記 ~三ツ星クリニックを目指して~

 
 家庭内に感染者がいる場合はマスクを着用し、タオルの共用は避けましょう。小さな子どもの場合は、おむつに付いた便の取り扱いにも注意が必要です。

登園・登校は患者本人の状態を見て判断

 手足口病はウイルス性でうつる病気ですが、学校保健法では学校で予防すべき伝染病1~3種に含まれていません。発疹の有無に関わらず、感染後1ヶ月近くにわたってウイルスが排出されるため、期間中ずっと出席停止にするのは現実的ではないからです。一方で発疹が強く出ているときだけ出席停止にしても、流行の阻止にはあまり効果が期待できない、とされています。
 
 

 ほとんどが軽症に終わること、患者さんの便中には1カ月近くウイルスが排泄されていることから、学校、幼稚園、保育所では、登校・登園停止の疾患にはなっていません。本人の病状により対応を決めればよいと考えますが、排便後の手洗いは重要です。
 
手足口病<感染症> – goo ヘルスケア

 
 しかし実際には、のどの痛みが強いと給食やお弁当が食べられないですし、発疹が手足に強く出ている状態では登園・登校しづらい、ということもあるでしょう。患者本人の体調や発疹の状態を見て、登園や登校のタイミングを判断した方が良さそうです。

 手足口病は子どもにはよくある病気ですが、大人でも感染することがあり、まれに重症化するケースも報告されています。家族で手足口病にかかった人がいるときは、水分補給など患者の体調管理に気を配ると同時に、家庭内での感染拡大に努めましょう。



厄介な乳幼児の皮膚トラブル「とびひ」を撃退

厄介な乳幼児の皮膚トラブル「とびひ」を撃退

とびひってどんな病気

 正式には「伝染性膿痂疹(でんせんせいのうかしん)」と言います。黄色ブドウ球菌や溶血性連鎖球菌(溶連菌)が肌の引っかき傷や、転んでできた傷などに感染して起こる皮膚病です。7歳以下の子どもがかかりやすいのは、黄色ブドウ球菌が原因で水ぶくれを作る「水疱性膿痂疹」と言われています。
 
 

 黄色ブドウ球菌は扁桃炎の原因にもなる菌で、どこにでもいます。この菌が健康な皮膚についても何の症状も起こしませんが、虫刺されやケガでできた傷、アトピー性皮膚炎などをかいてできた傷などにつくと、そこから感染して、化膿させます。
 
とびひ – gooベビー

 
 水疱性膿痂疹の場合、感染した箇所は水ぶくれとなり、やがて膿を含んで破れます。ただれた皮膚はかゆいので、かいてしまうとその手で他へ感染を広げてしまいます。また患部の接触でもうつるので注意が必要です。

とびひになったらどう治療するの

 とびひと気づいたら、症状が悪化する前に皮膚科や小児科を受診しましょう。軟膏などの外用薬のほか、状態によっては抗生物質の内服薬が処方されることもあります。また、かゆみを抑える抗ヒスタミン薬が出されることも。患部は他への接触を防ぐためガーゼで覆い、清潔に保つようガーゼ交換も定期的に行いましょう。
 
 

 とびひのできた部位をよく消毒し、抗生物質の軟膏(なんこう)を塗ります。かなりたくさんできているとき、あるいはつぎつぎと新しい皮疹(ひしん)ができるときには、黄色ブドウ球菌、化膿レンサ球菌に効く抗生物質を内服します。
 
伝染性膿痂疹の症状・解説 – goo辞書

 
 少しでもとびひが残っていると、また再発する可能性があります。抗生物質の内服薬は医師に指示された期間は、必ず飲みきるようにしましょう。

お風呂やプールは入っていいの

 皮膚を清潔に保つため、入浴するのは良いことです。患部を刺激しないよう、石鹸を泡立ててきれいに洗ってあげましょう。感染力が強いので化膿があるときは湯船には入れず、シャワーだけにしておいた方が無難です。もし、どうしても湯船に入りたいときは兄弟別にするか、最後に入れましょう。
 
 

 とびひの部分がじくじくしている間は、お風呂につかる事は避けた方がいいのだと思います。蒸し暑く、汗はかくでしょうから、シャワーを浴びる事は問題ないと思います。
 石鹸をつけて洗うと心配な時は、その部位は避けてもしも普通に洗うようなら、ごしごしこすらず泡をいっぱいたてて、そうっと洗いすぐお湯で流せば良いと思います。
 
とびひの治療法 – 病気 | 教えて!goo

 
 入浴後は、タオルの共用もしないように注意します。またプールでも人にうつす可能性があるので、泳いでいいかどうかは医師に相談してからにしましょう。

登園・登校はどうする

 とびひは「学校保健安全法」で「学校感染症、第三種(その他の感染症)」に定められている病気です。他の子どもにうつす可能性があるため、医師の診断のうえ、患部をガーゼで覆って接触しないなど措置をすれば登園・登校の許可がおりることがあります。
 
 

 膿が出るのでそこを触った手で他を触ると、どんどん移って行きます。
 夜寝ていても、無意識に掻いてしまい、どんどん移っちゃって大変でした。
 プールでも感染するので、とびひと診断されるとプールには入れません。
 ちなみに保育園では、他の子に移るので、病院の先生から許可が下りるまでは、登園禁止でした・・・。
 
『水イボ』と『とびひ』は違うのでしょうか? – 病気 | 教えて!goo

 
 登園や登校にあたっては、他へ接触感染させないことが大前提となります。広範囲にわたってとびひが見られるときは、病状が治まるまで休ませる方がよいでしょう。

 とびひは塗り薬や内服薬で適切な処置をしなければ、なかなか治らないばかりか周囲へ感染を広げてしまう厄介な病気です。すり傷やあせもなどが悪化したと思い込み、発症に気づくのが遅れることも多いので、ぜひ正しい知識を身につけて、お子さんのお肌を守ってあげましょう。

続きを読む




冬にも広がる大人も感染するプール熱とは

冬にも広がる大人も感染するプール熱とは

プール熱はプールでだけうつる病気なのか

 正式には「咽頭結膜熱」という病気ですが、プールで感染することがたびたびあるため、一般的に「プール熱」と呼ばれています。アデノウイルスが病原体で、約1週間前後の潜伏期間を経て症状の出るケースが多いようです。
 
 

 プール熱と呼ばれていますが、風邪ウィルスの一つアデノウィルスによる感染症です。
 尚、プールに限らずこのウィルスは飛沫感染もしますので、プールに行かなければ感染しないものでもないのでご注意ください。これは、夏風邪の代表で、プールに近づかなければ安全ではなく感染力が強いため、うがい手洗いなどの予防をしっかりと心がけることが重要です。
 
大人はプール熱に感染しませんか? – 病気 | 教えて!goo

 
 プールでうつる病気と思われがちですが、唾液や目やにが感染源となるため、くしゃみや咳、ウイルスのついた手先やティッシュなどからもうつります。予防のためにはうがい、手洗いが有効です。

知っておきたい、プール熱の典型的な症状

 プール熱の典型的な症状は発熱、咽頭炎、結膜炎などです。発熱は39°から40°程度の高熱が2、3日続くケースが多くなっています。
 
 

 潜伏期間は5〜7日で、まず高熱で発症し、その後、のどの症状(咽頭炎)と、眼の症状(結膜炎)の両方が現れます。発熱は4〜5日続きます。眼の症状は一般的には片方から始まりますが、多くの場合はもう一方にも広がります。また、頭痛や吐き気、腹痛や下痢が起こることもあります。
 
咽頭結膜熱(プール熱)<子どもの病気> – goo ヘルスケア

 
 プール熱に特効薬はなく、高熱でぐったりしているときは解熱剤、のどの痛みが強い時はトローチや鎮痛剤、目やにには目薬など対症療法が行われます。学校保健法では第2種伝染病に指定されていて、症状がなくなってから2日が経過したら登校、登園が可能です。ただし2週間程度は排泄物にウイルスが含まれている可能性があるため注意しましょう。

冬にも流行する可能性はある

 プール熱と言えば、夏の病気という印象が強いものの、近年は温水プールが普及していることが影響しているのか、冬でも流行する病気となっています。
 
 

 プールで感染することもあるため、日本ではプール熱とも呼ばれていますが、多くは患者さんからの飛沫(ひまつ)による感染です。そのほかに、手指を介した接触感染、タオルなどを共用したことによる感染があります。2003年以降は、冬にも小流行がみられています。
 
咽頭結膜熱(プール熱)<感染症> – goo ヘルスケア

 
 そもそもプールだけが感染源ではないため、免疫力が低下しているときには季節を問わず、かかる可能性があります。十分な睡眠や食生活、ストレスに気を付けて、普段から病気への抵抗力を持っておくことが大事です。

大人は“二次感染”に注意

 プール熱は、集団でプールへ入る機会の多い子どもの間で流行しやすい病気ですが、大人でもかかることがあります。特にプール熱にかかった子どもの看病をしていてうつる“二次感染”が多いのも特徴です。
 
 

 プール熱(咽頭結膜熱)とは、アデノウイルス3型、4型、7型の感染症で、結膜炎だけでなく、のどの痛みや熱を伴いますが、中には結膜炎か咽頭炎どちらかの症状だけの人もいます。
 大人の場合は、咽は軽く赤くなる程度で発熱もしないことが多いです。
 
プール熱感染の予防 – 病気 | 教えて!goo

 
 プール熱になると、高熱が続く、のどに痛みがある(咽頭炎)、目が赤く充血する(結膜炎)、といった典型的な症状が出ます。大人は軽く済む場合もありますが、中には激しくのどが痛む人もいます。家族に患者がいるときはタオルの共有をせず、その他食器類の使い回しなどもやめましょう。

 プール熱が冬にも流行する年があると聞いて、意外に思われた方も多いでしょう。また大人でもかかる病気ですから、知らないうちにかかっていた人もいるかもしれません。
 
 手洗い、うがいの励行とともに、普段から病気に対する抵抗力を備えておくに越したことはなさそうです。

続きを読む




Sorry. No data so far.