厄介な乳幼児の皮膚トラブル「とびひ」を撃退

とびひってどんな病気

 正式には「伝染性膿痂疹(でんせんせいのうかしん)」と言います。黄色ブドウ球菌や溶血性連鎖球菌(溶連菌)が肌の引っかき傷や、転んでできた傷などに感染して起こる皮膚病です。7歳以下の子どもがかかりやすいのは、黄色ブドウ球菌が原因で水ぶくれを作る「水疱性膿痂疹」と言われています。
 
 
 黄色ブドウ球菌は扁桃炎の原因にもなる菌で、どこにでもいます。この菌が健康な皮膚についても何の症状も起こしませんが、虫刺されやケガでできた傷、アトピー性皮膚炎などをかいてできた傷などにつくと、そこから感染して、化膿させます。
 
とびひ – gooベビー

 
 水疱性膿痂疹の場合、感染した箇所は水ぶくれとなり、やがて膿を含んで破れます。ただれた皮膚はかゆいので、かいてしまうとその手で他へ感染を広げてしまいます。また患部の接触でもうつるので注意が必要です。

とびひになったらどう治療するの

 とびひと気づいたら、症状が悪化する前に皮膚科や小児科を受診しましょう。軟膏などの外用薬のほか、状態によっては抗生物質の内服薬が処方されることもあります。また、かゆみを抑える抗ヒスタミン薬が出されることも。患部は他への接触を防ぐためガーゼで覆い、清潔に保つようガーゼ交換も定期的に行いましょう。
 
 
 とびひのできた部位をよく消毒し、抗生物質の軟膏(なんこう)を塗ります。かなりたくさんできているとき、あるいはつぎつぎと新しい皮疹(ひしん)ができるときには、黄色ブドウ球菌、化膿レンサ球菌に効く抗生物質を内服します。
 
伝染性膿痂疹の症状・解説 – goo辞書

 
 少しでもとびひが残っていると、また再発する可能性があります。抗生物質の内服薬は医師に指示された期間は、必ず飲みきるようにしましょう。

お風呂やプールは入っていいの

 皮膚を清潔に保つため、入浴するのは良いことです。患部を刺激しないよう、石鹸を泡立ててきれいに洗ってあげましょう。感染力が強いので化膿があるときは湯船には入れず、シャワーだけにしておいた方が無難です。もし、どうしても湯船に入りたいときは兄弟別にするか、最後に入れましょう。
 
 
 とびひの部分がじくじくしている間は、お風呂につかる事は避けた方がいいのだと思います。蒸し暑く、汗はかくでしょうから、シャワーを浴びる事は問題ないと思います。
 石鹸をつけて洗うと心配な時は、その部位は避けてもしも普通に洗うようなら、ごしごしこすらず泡をいっぱいたてて、そうっと洗いすぐお湯で流せば良いと思います。
 
とびひの治療法 – 病気 | 教えて!goo

 
 入浴後は、タオルの共用もしないように注意します。またプールでも人にうつす可能性があるので、泳いでいいかどうかは医師に相談してからにしましょう。

登園・登校はどうする

 とびひは「学校保健安全法」で「学校感染症、第三種(その他の感染症)」に定められている病気です。他の子どもにうつす可能性があるため、医師の診断のうえ、患部をガーゼで覆って接触しないなど措置をすれば登園・登校の許可がおりることがあります。
 
 
 膿が出るのでそこを触った手で他を触ると、どんどん移って行きます。
 夜寝ていても、無意識に掻いてしまい、どんどん移っちゃって大変でした。
 プールでも感染するので、とびひと診断されるとプールには入れません。
 ちなみに保育園では、他の子に移るので、病院の先生から許可が下りるまでは、登園禁止でした・・・。
 
『水イボ』と『とびひ』は違うのでしょうか? – 病気 | 教えて!goo

 
 登園や登校にあたっては、他へ接触感染させないことが大前提となります。広範囲にわたってとびひが見られるときは、病状が治まるまで休ませる方がよいでしょう。

 とびひは塗り薬や内服薬で適切な処置をしなければ、なかなか治らないばかりか周囲へ感染を広げてしまう厄介な病気です。すり傷やあせもなどが悪化したと思い込み、発症に気づくのが遅れることも多いので、ぜひ正しい知識を身につけて、お子さんのお肌を守ってあげましょう。