乳幼児がかかりやすいロタウイルス

乳幼児がかかりやすいロタウイルス

ロタウイルスってどんなウイルス

 ロタウイルスは、約10000分の1mm(100ナノメートル)の大きさのウイルスで、感染者の下痢便の中1gの中に数千億個も含まれているとされています。ラテン語で「車輪」の意味をもつ「ロタ」の名前の通り、顕微鏡でみるロタウイルスは車輪のような丸い形をしています。
 
 

 乳幼児の代表的な冬期下痢症として、主に1〜4月に発症します。ほとんどの子どもが感染し、保育所・幼稚園・学校などで集団発生することもありますが、多くは感染経路が明らかではありません。
 
ロタウイルス下痢症 – goo ヘルスケア

 
 たった10個ほどのウイルスが口から入るだけで感染するという強力な感染力をもっています。感染後は2~3日ほどの潜伏期間ののち胃痛や発熱、嘔吐や下痢の症状が現れます。日本では年間に約80万人が感染し、3割ほどが入院に至っていると推計されています。

ロタウイルスにかかるとどんな症状がでるの

 症状の現れ方で特徴的なのは、嘔吐から始まる場合が多いことです。それに伴い胃痛を訴えたり軽い発熱症状がみられる場合もあります。
 
 

 突然の嘔吐から始まることが多く、1〜2日ほど続きます。その後、通常は血液を含まない水様性の酸臭を帯びた便の下痢が、多い時は1日10回以上続きます。時に便は、淡黄あるいは白色となります。
 
ウイルス性急性胃腸炎(冬季下痢症) – goo ヘルスケア

 
 激しい下痢の症状は4~5日、長いと1週間程度続くこともあります。胃腸炎の中でも、症状の重いロタウイルスは、下痢により失われた水分をこまめに補給することが大切です。しかし、嘔吐をともなっていると、うまく水分をとることができないために、脱水症になってしまう危険性があります。また、合併症としてけいれんや脳症などを起こすこともあります。脱水症状や意識の低下などがみられた場合には、すぐに病院を受診することが大切です。

もしロタウイスルにかかったら

 ロタウイルスに効果のある抗ウイルス薬はありませんので、水分や栄養の補給などの対症療法をとることになります。
 
 

 この病気でいちばんこわいのは、嘔吐と下痢による脱水症状です。脱水症状を引き起こすと、嘔吐と下痢で体の水分が不足すると、口から水分をとってもおしっこや汗が出なくなったり、おしっこの量や回数が減ったりします。体内の水分の量が減ると血液の量もぐっと減るので、ぐったりして体力が減退します。
 
急性胃腸炎(ウイルス性)/ロタウイルス性下痢症 – goo ヘルスケア

 
 おしっこの量が極端に減る、唇がカサカサに乾く、顔色が悪く、問いかけにもあまり反応しない、このような症状がみられたら、脱水症の危険がありますのですぐに病院に行きましょう。また、繰り返す下痢によって、何度もおしりふきを使用すると赤ちゃんのやわらかい皮膚に刺激を与え、ただれてしまう恐れがあります。汚れたおむつはすぐに取り換えてあげることが大切ですが、皮膚をこすることのないよう気をつけてケアしましょう。

ロタウイルスの感染を広げないために

 ロタウイルスだけではなく、ウイルス性の胃腸炎は感染力が強いことが特徴です。
 

 非常に感染力が強い病気です。赤ちゃんはもちろん、ママ自身も病気にかからないよう十分注意してください。保育園で集団感染したり、地域内感染が起こったりする例もあります。パパにも、職場で病気をもらってこないように注意してもらいましょう。 
 
赤ちゃんの冬の下痢にご用心!【下痢になる病気って?】 – gooベビー

 
 また、周囲に感染を広げないようにするには、家庭内で徹底した処置をとることが重要です。嘔吐や下痢により汚れた衣類は家庭用塩素系漂白剤につけおきしてから、家族の衣類とはしっかり分けて洗濯します。また、おむつ交換の際も、使い捨ての手袋を使用したり、使用後のおむつを2重にポリ袋に入れるなどしてウイルスの拡散を防ぎましょう。お世話をしたあとには石けんでしっかりと手洗いをおこなうことも忘れずに。

 ロタウイルスはそばでお世話する大人にも感染する場合があります。大人は軽度な症状で済むこともありますが、人によってはこどもと同程度の症状が出て、お世話もままならない状態になる場合もあります。家庭内でも徹底した処置でできるだけ感染を防ぎたいものです。



潜伏期間1~2日!ノロウイルスの症状と予防法

潜伏期間1~2日!ノロウイルスの症状と予防法

冬に多いノロウイルス感染症とは

 

 潜伏期間は1〜2日で、症状は吐き気、嘔吐、水のような下痢、腹痛など。普通の成人は感染しても軽症ですむが、免疫力の低下した高齢者や乳児が感染すると、死亡することもある。
 
ノロウイルス – goo ヘルスケア

 
 

 乳幼児では、初冬(11〜12月)を中心に急に発生します。成人では、二枚貝などを生か加熱不足で食べた場合にみられます。症状には個人差があります。学校・施設や旅行先などで集団食中毒として発生することがあり、二次感染として発生することもあります。
 
ノロウイルス感染症 – goo ヘルスケア

 
 ノロウイルスは、特に冬に感染が広まりやすいウイルスで、牡蠣などの貝類を十分に加熱しないで食べることによる食中毒が原因となって広まるとされています。感染者の嘔吐物や便などから、人から人へ感染し、学校や老人ホームなどでは、集団感染が起こることもあります。潜伏期間は1~2日で、吐き気や嘔吐、腹痛や下痢などが、ノロウイルスの感染による主な症状です。通常は2~3日で回復しますが、乳児や高齢者では死に至るケースもありますので、注意が必要です。

ノロウイルスの治療と家庭での対処法

 

 健康な人では重症化したり長引くことはまれですので、あわてずにお湯で薄めたスポーツドリンクなどで水分補給をしつつ、安静に努めましょう。ただし抵抗力の低い乳幼児や高齢者は、脱水症状を起こしやすいので注意が必要です。脱水症状が強い場合は、病院を受診するようにしましょう。
 
冬の食中毒、ノロウイルスに注意! – goo ヘルスケア

 
 ノロウイルスに効く薬はなく、対症療法が中心です。医療機関を受診すると、下痢止めは病気の治癒を遅らせるため使われず、生菌製剤が処方されることがあります。ノロウイルスに感染したら、下痢や嘔吐により脱水状態とならないように、積極的な水分補給をし、安静にして過ごしましょう。食事は少量ずつ、消化のよいものを摂るようにします。特に乳児や高齢者が、水分が摂れない場合には、早急に病院を受診しましょう。著しい脱水の場合には、輸液などの処置がとられます。

ノロウイルスの感染を予防するには

 

 家庭内に感染した人が出た場合でも、できればマスクをしてオムツや吐物の処理を行い、処理後は他のものに触れないうちに速やかに手洗いをすることが大切です。次亜塩素酸ソーダ(家庭用の塩素系漂白剤などを規定の濃度に薄めたもの、たとえば0.1%で1000ppm)がノロウイルスに有効なので、それを浸したペーパータオルなどで処理し、廃棄できない衣服などはその溶液に浸しておいてから洗濯するのが望ましいと考えられています。
 
冬場にご用心! ノロウイルスによる食中毒 – goo ヘルスケア

 
 ノロウイルスの感染を防ぐために大切なのは、手洗いです。帰宅時やトイレに行った後、調理前には、石鹸を用いて流水で、しっかりと手を洗うようにしましょう。加熱が必要な食品は、中心部まで加熱するようにします。特にかきなどの二枚貝は、中心部を85℃~90℃で90秒以上の加感することが理想的です。感染者が家庭内で出た場合には、マスクをして、使い捨てのビニール手袋やペーパータオルを用いて吐しゃ物を片づけ、ゴミ袋の中の廃棄物に、家庭用の漂白剤を薄めてかけておきます。汚れた衣類は他の洗濯物と区別し、漂白剤を薄めた液に浸してから洗濯しましょう。

 ノロウイルスに感染しないように、毎日の手洗いを忘れないよう、心掛けることが大切です。家庭内でノロウイルスの感染者が出た際には、患者へ水分補給を行うとともに、適切な対処をすることによって、二次感染を防ぎましょう。

続きを読む




要注意!ウイルス感染性胃腸炎の原因と対策

要注意!ウイルス感染性胃腸炎の原因と対策

ウイルス感染性胃腸炎とは

 

 乳幼児に発症するウイルス感染症で、冬場に流行する乳児の下痢(げり)・嘔吐症(おうとしょう)の約80%強を占めます。突然の嘔吐や水様性の下痢便が現れた時は、この病気を疑います。
 
ウイルス性急性胃腸炎(冬季下痢症) – goo ヘルスケア

 
 冬になると、その流行が心配なウイルス感染性胃腸炎。特に、乳幼児がかかりやすいウイルスもあるので気をつけたいものですね。ウイルス感染性胃腸炎とは、胃腸炎の中でも、主にノロウイルスやロタウイルス、サポウイルスなどのウイルス感染により発症する胃腸炎で、突然の嘔吐や下痢の症状が現れます。冬季下痢症とも呼ばれる病気ですが、乳幼児が嘔吐や水様性の下痢になった場合はこの病気を疑い、重篤になる前に早急に医師に診てもらいましょう。

ウイルス感染性胃腸炎の原因と症状

 ウイルス感染性胃腸炎を発症する原因は、ノロウイルス、ロタウイルス、アデノウイルス、サポウイルスなどのウイルス感染が原因となります。なかでも、成人はノロウイルス、子どもはロタウイルスによる感染が多く、人の手などから感染し、口に入ったときに発症します。
 
 

 ウイルスで多いのは、成人ではノロウイルス、小児ではロタウイルスです。
 
感染性腸炎 – goo ヘルスケア

 
 

 ウイルス性の場合は、水様性の下痢便が特徴です。
 
急性胃腸炎 – goo ヘルスケア

 
 

 突然の嘔吐から始まることが多く、1〜2日ほど続きます。その後、通常は血液を含まない水様性の酸臭を帯びた便の下痢が、多い時は1日10回以上続きます。時に便は、淡黄あるいは白色となります。
 
ウイルス性急性胃腸炎(冬季下痢症) 治療方法 – goo ヘルスケア

 
 吐き気、嘔吐、下痢、腹痛などが特徴的な症状です。突然の嘔吐を訴えることが多く、1~2日続いた後、水様性の下痢の症状に移行していきます。この水様性の下痢が特徴的な症状です。また、37℃程度の発熱を伴うこともあります。

ウイルス感染性胃腸炎にかかってしまったら

 もし、ウイルス感染性胃腸炎にかかってしまったら、乳幼児や高齢者など体力のない人は特に注意が必要です。体力がないと、下痢や嘔吐によって脱水状態になりやすいので水分の補給が必要となります。家庭では市販の電解質濃度の高いイオン飲料を補給しましょう。早めに病院を受診し、水分を補給し安静を保ちましょう。
 
 

 感染性腸炎では、下痢、嘔吐、発熱のため脱水状態となるので、その程度に応じて経口あるいは経静脈的に水分、電解質、ブドウ糖を補給します。補給には市販のスポーツドリンクが多く用いられています。
 
感染性腸炎 治療方法 – goo ヘルスケア

 
 また、ノロウイルスは非常に感染性の強いウイルスなので、吐瀉物の処理には気をつけてください。エプロン、マスク、手袋を着用し、嘔吐した物を外側から内側へ向けて拭き、拭いたとき使用した布やペーパータオルも一緒にビニール袋に入れて閉じます。その際、殺菌のため次亜塩素酸も入れて二次感染を防ぎましょう。

 まず、ウイルス感染性胃腸炎にかからないよう、予防を怠らないようにしましょう。人の手からの感染が原因なので、トイレの後や調理前、食事前などに、手を石けんと流水でよく洗うようにします。
 
 もし、下痢や嘔吐の症状が出たらウイルス感染性胃腸炎を疑い、早急に病院を受診しましょう。

続きを読む




急性アルコール中毒の症状と予防・対処法まとめ

急性アルコール中毒の症状と予防・対処法まとめ

急性アルコール中毒とは

 

 急性アルコール中毒とは、アルコール飲料としてエタノールを短時間に多量に摂取したために通常の酔った状態を超えて、運動失調や意識障害、さらには昏睡(こんすい)、呼吸抑制、血圧低下といった状態が生じることです。重症の場合には死亡することも多く、決して軽視できません。
 
急性アルコール中毒 – goo ヘルスケア

 
 急性アルコール中毒は、短時間に大量のアルコールを摂取することによって、一過性の意識障害が生じることをいいます。血中のアルコール濃度が高まり、意識レベルが低下していき酩酊状態となります。急性アルコール中毒によって、嘔吐や血圧低下、呼吸障害などの症状が起こります。重度になると、昏睡状態から死に至ることもある恐ろしい状態です。呼吸や循環機能の障害によるもののみならず、嘔吐物が詰まったことによる窒息で死亡するケースも見られます。

急性アルコール中毒を予防する飲み方

 

 アルコールの代謝速度、感受性は個人差があり、自分の適量を知っておくことが重要です。
 
飲酒 – goo ヘルスケア

 
 

 悪酔いしないためには、量だけでなく飲み方にも注意が必要です。「一気飲み」や「駆けつけ3杯」は論外。1時間に分解できるアルコール量は、普通に飲める人でもビールならコップ1杯程度なので、いきなり3杯も飲んだら肝臓での分解が追いつきません。最悪の場合、急性アルコール中毒を起こし命にかかわることもあります。
 
体にやさしいお酒の飲み方 – goo ヘルスケア

 
 急性アルコール中毒になることを予防するためには、自分の適量を知り、ペースを守って飲むことが大切です。アルコールが代謝する速度には個人差があり、顔がすぐ赤くなる人ほど、アルコールを分解するのに、時間を要します。アルコールに飲み慣れていない若年層では、適量がわからないことから、飲み過ぎてしまいがちです。また、お酒に強いと自信がある人でも、一気飲みをしたり、アルコールを短時間に大量に飲んだりしてしまうと、急性アルコール中毒に陥る危険性があります。過度な飲酒は慎むようにしましょう。

急性アルコール中毒の対処法は

 

 ●周囲が気をつけるポイント
 ・その人を一人にせず、必ず誰かが付き添う。
 ・吐いてものどに詰まらせないように、横向きに寝かせる。
 ・体温が下がらないよう、毛布や上着をかける。
 ・ベルトやネクタイ、下着など体を締めつけているものは緩める。
 ・無理に吐かせない。
 ・吐いたものをのどに詰まらせないよう、タオルなどでよく拭き取る。
 ・可能であれば水やお茶、スポーツドリンクを補給する。
 ・息をしているか、脈があるかなど、全身状態を観察する。
 ・呼びかけても反応がない場合(昏睡状態、意識混濁)は、救急車を手配する。
 
病院に担ぎ込まれないお酒の飲み方 – goo ヘルスケア

 
 もし、一緒に飲んでいた人が急性アルコール中毒の症状を起こしたらどうすればよいのでしょうか。一番大切なことは、一人にはしないことです。意識がある状態であれば、水を飲ませて体内のアルコール濃度を薄めましょう。吐いたものを詰まらせないように、横向きに寝かせて、無理には吐かせないようにします。衣服は緩めて、体温が下がらないように、上着などをかけましょう。呼びかけに応じないなど、意識障害が起きているときには、救急車を呼ぶようにします。急性アルコール中毒は、死に至ることもあることを意識し、適切に対処しましょう。

 アルコール中毒はお酒の飲み方に気を付ければ、避けられるものです。飲めない相手には無理強いをせず、また、自分の飲める量を過信せず、それぞれの適量のアルコールを飲むことで、楽しい飲み会となるよう、心がけたいものです。

続きを読む



乳幼児がかかりやすいロタウイルスによる嘔吐下痢症

乳幼児がかかりやすいロタウイルスによる嘔吐下痢症

ロタウイルス性下痢症ってどんな病気

 

 かぜなどのウイルスに感染して、胃や腸に炎症を起こす病気のこと。いわゆる「おなかにくるかぜ」で、下痢や嘔吐、発熱などの症状が見られますが、中には下痢はしないで吐きけだけが見られるという場合も。
 
急性胃腸炎(ウイルス性)/ロタウイルス性下痢症- gooベビー

 
 冬を前にして流行するのが、ロタウイルスに感染して起こる嘔吐下痢症です。子どもの冬場の胃腸炎はほとんどがウイルス性で、なかでもロタウイルスは2歳未満の乳幼児によくみられる、胃腸炎の代表的なものです。嘔吐や下痢を繰り返し、ひどい時には脱水症状になります。ロタウイルスの場合、脳症を起こし死に至るケースもあり、軽視できない病気です。

ロタウイルス性下痢症ってどんな症状

 

 感染力が強く、感染すると1〜3日の潜伏期間後、突然の嘔吐(おうと)で発症することが多い。
 
ロタウイルス – goo ヘルスケア

 
 主な症状は、嘔吐と下痢です。嘔吐だけ、下痢だけの軽い症状の時もありますが、頭痛や発熱を伴うケースも多くあります。激しい嘔吐から始まることが多く、下痢はお米のとぎ汁のような、白色便が続きます。激しい嘔吐は半日~2日ほど続き、下痢の症状は1週間ほど続きます。下痢は重い症状になることが多く、1日10回以上も出ることがあります。乳幼児は、嘔吐や下痢による脱水やけいれんで、入院が必要になるケースも少なくありません。

ロタウイルス性下痢症の気になる感染経路とは

 

 乳幼児の代表的な冬期下痢症として、主に1〜4月に発症します。ほとんどの子どもが感染し、保育所・幼稚園・学校などで集団発生することもありますが、多くは感染経路が明らかではありません。
 
ロタウイルス下痢症 – goo ヘルスケア

 
 ノロウイルスは、嘔吐物や便中のウイルスが、主な感染源になります。汚物の処理をする時は、換気を行い、ビニール手袋やマスクを着用して、感染を防止しましょう。嘔吐物は、漂白剤を薄めた液に浸したタオルなどでふき取り、ビニール袋に入れてから捨てます。保育園や学校などの現場では、手洗いやうがいなどの基本対策をしっかり行い、感染を予防しましょう。また、ロタウイルスにはワクチンがあり、予防接種を受けることができます。

ロタウイルスに感染時の治療法は

 

 嘔吐に対しては鎮吐薬(ちんとやく)を使用します。経口摂食が可能であれば、少量で回数を多くした食事が原則です。経口補液を行うこともあります。経口で摂食が不可能な場合、あるいはその危険性がある場合は経静脈輸液を行います。
 
ウイルス性下痢症 – goo ヘルスケア

 
 嘔吐下痢症に有効な抗ウイルス剤はなく、対症療法を行います。(水分補給・食事療法・整腸剤など)下痢止めは回復を遅らせる可能性があるため、使用しません。嘔吐は1~3日ほどで落ち着くことが多いですが、ひどい場合は脱水症状を起こすことがあります。場合によっては点滴などを行い、嘔吐や下痢などの症状が和らいだら、消化のよい食事を摂るようにします。学校は、感染のおそれがないと医師に判断されるまで、出席停止になります。

 ロタウイルスによる嘔吐下痢症について、原因と治療法をご紹介しました。乳幼児がよくかかるメジャーな病気のひとつですが、重症化すると入院するケースもあり、注意が必要です。予防接種を受けて、感染を予防しましょう。

続きを読む



Sorry. No data so far.