続けて実感!バストアップに効くエクササイズ<br />

バストアップに重要な胸を支える大胸筋

 バストアップ効果のあるエクササイズの多くが、大胸筋を鍛えるための動きをとりいれたものです。軽い運動やストレッチの中でも、鍛えたい筋肉を意識することで、しっかりとしたトレーニング効果が得られます。
 
 
 胸の上部全体を覆う大きな筋肉で、重い物を上に持ち上げたり、物を押したりするときに使われる。ここを鍛えることで、男性は“厚い胸板”になり、バストを支える働きをしているため、女性は“バストアップ”された胸を手に入れることができる。手軽に大胸筋を鍛えることができるエクササイズには、腕立て伏せやダンベルを使ったものがある。
 
大胸筋 – goo ヘルスケア

 
 動きを何となくこなすのではなく、大胸筋のある「胸の上部」に負担がかかるよう、イメージして実践するように心がけましょう。せっかくのエクササイズタイムを無駄にしないように、注意して大胸筋に意識を向けるようにしてみてくださいね。
 

手軽にできる!二種類の腕立て伏せ

 腕立て伏せはバストアップに効果的な運動のひとつですが、負荷が大きいのでいきなりはちょっと難しい、という人も多いのではないでしょうか。まずは、軽めの負荷で続けやすい、ひざをついたスタイルでの腕立て伏せがおすすめです。
 
 
 (1)両手・両ひざを床につけて、背中はまっすぐ伸ばして床と平行になるようにする。
(2)息を吸いながらゆっくりひじを曲げていき、息を吐きながらゆっくりと元の姿勢に戻る
たるみがちな胸を引きしめてバストアップ – goo ヘルスケア

 
 この形での運動に慣れたら、もう少し負荷の強いやり方にうつります。最初はきつめに感じるかもしれませんが、少しがんばって挑戦してみましょう。
 
 

 (1)うつ伏せになり、ひじを曲げて胸の脇近くの床に手のひらをつける。
(2)息を吐きながら床を手で押してひざから上を起こし、息を吸いながらゆっくりもとの姿勢に戻る。頭の先からひざまでが一直線になるように、おなかにぐっと力を入れながら行う。
 
たるみがちな胸を引きしめてバストアップ – goo ヘルスケア

 
 一回一回の動きをゆっくりと確実に行うのが、エクササイズの効果を高める秘訣です。寝る前の習慣などに採り入れて、できるだけ毎日続けてみてくださいね。
 

椅子に座ってできる気軽なエクササイズ

 次に、椅子に座った形で行うバストアップエクササイズを紹介します。使用する椅子は、あまり高すぎないものを選んでください。両足をしっかり地面につけられるものが適しています。
 
 
 ★胸の筋肉を意識して行いましょう。
 (10回で1セット 1日1セット 夜に)
 1.リラックスしていすに座ります。脚を肩幅に開いたまま、ひざを閉じます。鼻から息を吸い、両手で外側からひざを挟みこみます。
 
 2.胸の筋肉に力を入れて両手でひざを内側に押し込みながら、逆にひざは広げるように両脚に力を入れ、手の力に抵抗します。口から息を吐きながらおなかを引っ込め、5秒かけてゆっくりひざを開きます。10回くり返します。
 
ボディメンテナンス・ダイエット 6 – goo ヘルスケア

 
 大胸筋を鍛える働きに加えて、二の腕のスリムアップにも効果が期待できる運動です。睡眠前に行うのがおすすめですが、座ったままでできる運動ですから、日中の気分転換にも活用してバストアップを目指しましょう。

肩甲骨ストレッチは肩こりや小顔にも効く

 肩甲骨まわりの筋肉が固まった状態を解消することで、小顔とバストアップのダブル効果が期待できます。肩甲骨同士を近づけるストレッチをしたり、大きく肩をぐるぐるまわすなどして、コリをほぐしてやることで肩甲骨の可動域を広げましょう。
 
 
 肩甲骨を下にキープすることで顎が引き、顔が小さく見えるのです。また、耳のあたりからこめかみにある「側頭筋(そくとうきん)」が引き締まるので、頬の筋肉が上がり、顔のラインもスッキリします。口角を上げ、ほうれい線や二重あごの解消にもつながる効果が期待できます。
 
 側頭筋が引き締められると、頭の形も変わります。28個の骨で形成されている頭蓋骨が少しずつ動いて、後頭部が上がったきれいな頭になっていきます。
 
 また、肩甲骨が下がると「大胸筋(だいきょうきん)」が引っ張られるので、バストアップにもつながります。
 
肩甲骨を下げて美しいカラダに – goo ヘルスケア

 
 首から肩、背中にかけてのコリを解消することにもつながるので、デスクワークなどの合間に肩甲骨を意識したストレッチを習慣づけてみてくださいね。コリをほぐしつつ作業の気分転換にもなり、仕事の効率もアップさせることができます。継続することでバストアップに加えて小顔、姿勢の改善などいろいろなうれしい結果を得られるでしょう。

 バストアップのカギを握る大胸筋は、上半身のいろいろな筋肉と連動しています。そのため、大胸筋を鍛える目的で運動を行うだけで、他の部位のダイエットなどにつながることも多いのです。動きにも簡単なものが多いので、気軽にチャレンジしてスタイル改善に役立ててみてくださいね。