知っておきたい40代からのめまい【更年期】<br />

誰にでもやってくる更年期と体の変化

 加齢による体の変化は誰にでもやってきます。だからこそ、正しい認識のもとに、少しでも楽に、そして生き生きとした生活を送りたいものですね。
 
 
 更年期とは、月経がなくなる閉経をはさんだ約10年間をいい、日本人ではだいたい40代後半から50代前半がこれに当たります。女性は30代後半から徐々に卵巣機能が衰え始め、40歳頃から女性ホルモンの分泌が徐々に減ってきます。そして、平均的には50歳ごろに閉経を迎え女性ホルモン分泌は急激に減少します。
 
更年期は体の転換期 生活習慣の見直しを – goo ヘルスケア

 
 女性ホルモンは、女性の生涯において、月経や妊娠・出産に深く関係しているだけではなく、全身の健康にも関わっていることから、減少することで体や心にさまざまな影響を及ぼします。のぼせや息切れ、動悸、倦怠感、頭痛やめまい、不眠など体の症状や、イライラ、気分の落ち込みなど心の症状も起こりやすくなります。また、この年代の女性は、子育てのひと段落など、家庭内でもさまざまな節目を迎えることが多いことから、ホルモンバランスの乱れ以外にもいろいろな要因が絡み合っていることが考えられます。個人差も大きくあるため、自分の症状に悩む人も多く、生活に支障が出てくる場合に「更年期障害」と呼ばれます。

めまいと更年期にはどんな関係があるの?

 めまいは、もともと女性に多く起こる症状と言われていますが、更年期の女性の3人に1人がめまいの症状を経験しているというデータもあるようです。そこからもわかるように、さまざまある更年期の症状の中でもめまいは代表的な症状といえるでしょう。めまいは、天井や足元がグルグルと回っているように感じ、吐き気を伴うことが多い回転性のめまい、そしてふわふわと宙に浮くような感覚になる浮動性のめまいの2つに分かれます。耳の中にある体の平衡感覚をつかさどる機能に何らかの障害が起きることで生じる症状です。また、寝不足やストレス、過労によって自律神経に乱れが生じた状態が長く続くと、おこりやすいと言われています。ホルモンバランスの乱れは、自律神経へも影響を及ぼしますので、更年期の女性は特にめまいを起こしやすい状況になっています。

もしもめまいがおこったら……

 めまいが起こるとどうしたらよいのかわからなくなってしまい、不安になってしまいますね。めまいは、朝、布団から起き上がる時や、急に立ち上がった時など、体の動作に誘発されて起こることが多いものです。まず慌てずに、横になれる状況の場合は横になり、またしゃがむ、座り込むなどして安静にしましょう。
 
 
 一般には比較的早いうちにめまいはなくなります。めまいが少し軽くなってきたら、積極的にめまいが起こりやすい頭の位置をとるといったリハビリテーションをすることも治癒を早めます。
 
良性発作性頭位めまい – goo ヘルスケア

 
 しかし、めまいの中には、単に更年期の症状ではなく、注意が必要なものがあります。
 
 

 めまいで気をつけなければいけないのは、脳の病気が原因になっている場合です。脳梗塞、脳出血、脳腫瘍などで、内耳の情報を受け取り体のバランスを保つ指令を出す脳幹や小脳に障害が起こると、めまいが現れます。
 
 めまいだけでなく、激しい頭痛、体のしびれやマヒ、ろれつが回らない、意識がなくなる――などの症状のうちどれか1つでもあるようなら、すぐに救急車を呼びましょう。
 
症状のタイプでわかる、めまいの原因 – goo ヘルスケア

 
 中には大きな病気が潜んでいる場合もあります。このような症状がみられる場合は、要注意です。

更年期のめまいはこうして改善できる

 「更年期の女性はめまいをおこしやすいもの」とはいっても、めまいはとてもきつく、そして吐き気などをともなうなど本人にとてはつらいものです。生活の中で何か心がけることでめまいの症状を改善することはできるのでしょうか。
 
 
 めまいの患者さんに共通してすすめられる日常生活上の注意点は、
 
 (1)睡眠と休息を十分にとること
 
 (2)ストレスを避ける工夫、適度の運動や趣味などによる気分転換
 
 (3)禁煙
 
 などです。
 
めまい – goo ヘルスケア

 
 これは、さまざまな更年期の症状に共通していえることかもしれません。また、更年期の症状は女性ホルモンの減少によって引き起こされます。イソフラボンのような女性ホルモンに働きかける成分や、ビタミンB1、ビタミンB12、ビタミンEといった栄養素を積極的に取り入れ、バランスのとれた食事を心がけましょう。

 症状の有無や重さは人それぞれと言われている更年期障害ですが、加齢は誰にでもやってくるもの。生活に工夫して恐れずに過ごしたいものですね。ただし、めまいは重病がかくれている場合も。状態によっては早めに受診しましょう。