風邪?発熱?速攻で体調を解消する方法4選!

ツボ押しで体調回復!

 
 
 風邪をひく原因は、寒さと乾燥でウイルスが活発に活動する環境となって、体の疲れや冷えで体調を崩しウイルスに対する免疫力が低下するためです。まずは、体を温めて体の抵抗力を高めましょう。風邪を引いたときには、首周りにある風門(ふうもん)、風池(ふうち)、風府(ふうふ)などを指圧すると効果的です。風邪は「風門(ふうもん)」というツボから入って人に風邪をひかせ、「風池(ふうち)」に溜まり、さらに「風府(ふうふ)」に集まって風邪をこじらせると考えられています。
 
簡単ツボマッサージ21 冷え性・風邪 – goo ヘルスケア

 
 これらの邪気の溜まりやすい場所をほぐすことで、回復が期待できます。

食事でチカラを回復させる!

 疲れを感じたら、まずは糖質の補給を心がけます。また糖質をエネルギーに変えるのに必要なビタミンB1も同時にとるようにするとスムーズな効果に繋がります。
 
 
 風邪を引いたときなどには、ジュースやアイスクリームのような冷たすぎるものや、かんきつ類や貝類などの消化に良くないもの、カレーやスパイスの効いた刺激の強いものは避けてください。
 
風邪の時にオススメの食べ物・飲み物は? – 病気 | 教えて!goo

 
 バナナやリンゴのすりおろしたもの、ヨーグルトやプリンなど胃に負担の少ないものを上手に取り入れてください。何も食べないのは良くありません。

クエン酸で回復する!

 風邪をひいたり熱があったりすると、あまり食欲がない時もありますね。
 
 
 そんな時には梅ぼしやはちみつを入れたレモン汁などすっぱいものでクエン酸を補給してみてください。クエン酸には、エネルギーの代謝を促し、疲労物質である乳酸を分解する働きがあります。
 
クエン酸 – goo ヘルスケア

 
 ミネラルを包み込んで体に吸収されやすい形に変える働きがあるので、円滑に水分補給をする助けになってくれるでしょう。おかゆをいただくときに梅干しが付き物なのは理にかなった昔からの知恵なのですね。

軽度なら薬に頼りすぎない!

 風邪を引いたら、熱が出たら、すぐお薬に頼っていませんか?
「風邪薬」は、あくまでも風邪症状を和らげるためのものです。大切なのは自分の体の中の原因を退治してしまうこと。そのためには”自分自身の回復力”をあげることが先決です。
 
 
 軽症の時に服用するとますますだるくなったり、眠気が収まらなくなったり、薬の副作用が出やすくなります。
 
薬の飲み方 – 病気 | 教えて!goo

 
自己治癒力を発揮する妨げにもなりやすいので注意が必要です。

 風邪をひいたり、熱がある時のだるい症状からはできるだけ早く脱したいものです。上記に上げたことをぜひ試してみてください。日ごろからウイルス感染予防として、乾燥を防いだり、清潔に保ったりという心掛けも効果を発揮しますよ!健康な時に免疫力をあげておきましょう!