胸の痛みに要注意!放置厳禁のその症状

痛む場所から症状を把握する

 胸の痛む箇所からさまざまな症状が現れます。左側、右側、真ん中、全体が痛い、脇腹や背中にかけて痛い、乳房が張って痛いなど、箇所や痛みの度合いが違います。特に高齢者の場合は、心臓に近い左側が見られる傾向があります。
 
 
 心臓は多くの人の場合、左側の胸部前方に位置していて、胸骨(胸部の正中線上にある骨)と左側の肋骨で囲まれています。すなわち、左乳頭の後ろ側に手のこぶし程度の大きさで位置します。狭心症でも心筋梗塞でも、心筋に流れる血液が滞るため(虚血)、この場所が痛んだり、圧迫されたりします。
 
胸が痛い、押さえつけられるような感じがする – goo ヘルスケア

 
 循環器系、呼吸器系、消化器系、泌尿器系、女性特有の乳腺などに分類されますが、緊急で対処した方がいい症状は左側の痛み、狭心症や心筋梗塞になります。

狭心症の表れ方

 動脈硬化による狭心症の表れ方は、階段を上るなど脈拍が速くなる運動をし、胸が押さえつけられるような痛みが出ることです。
 
 
 動脈硬化による狭心症では、階段を上ったり、重い物を持ったりなど、脈拍が速くなり血圧が上がる場合に痛みが起こり、安静にすれば長くても15分くらいでおさまります。
 
胸が痛い、押さえつけられるような感じがする – goo ヘルスケア

 
 血流が不足し心筋に十分な栄養が届かないため、急激な血圧の上昇から痛みを伴います。しかし動脈硬化以外にも血管が狭くなり狭心症の原因となります。
 
 

 動脈硬化によらない狭心症もあり、この場合は安静時、たとえば夜間就眠中に同様の痛みで目が覚めることが特徴的です。どちらの場合も、ニトログリセリンの舌下錠を1錠なめると、多くは2〜3分で回復しますが、重症では、さらにもう1錠必要な場合もあります。
 
胸が痛い、押さえつけられるような感じがする – goo ヘルスケア

 
 冠動脈が縮小し痙攣を起こすタイプがそうです。動脈硬化に心当たりがなくても、睡眠時の押さえつけられる胸の痛みは、狭心症の可能性があります。

心筋梗塞の表れ方

 心筋梗塞は狭心症が進行し、血液が固まり血流が止まるため、心筋細胞が壊死する恐ろしい病気です。主に左側の心臓付近の強い痛みが表れます。
 
 
 心筋梗塞ではこのような痛みが30分以上続きます。ニトログリセリンで軽快する場合もありますが、完全ではありません。痛みの程度は千差万別で、激しく胸をかきむしるような痛みが一般的ですが、軽い圧迫感のみや、また、嘔吐などの消化器症状のこともあります。
 
胸が痛い、押さえつけられるような感じがする – goo ヘルスケア

 
 特に糖尿病や高齢者では、無症状の場合があります。痛みの伝達が弱っているので気が付かないのです。定期的な健康診断で心電図を取ったり、原因不明の吐き気やだるさ、しびれ、めまい、むかつきなどを感じたら病院で検査するよう心掛けましょう。

家族でできること

 高齢者とお住まいや家族とご自身のために、ご家庭では、健康状態に見合った食生活、継続的な運動、禁煙などの生活習慣に注意を払いましょう。
 
 
 安静にしても軽快しない場合はすぐ救急車で病院に行きます。安静で消える症状であれば、無理な活動はしないで早めに医療機関(内科、循環器内科)を受診してください。
 
胸が痛い、押さえつけられるような感じがする – goo ヘルスケア

 
 肥満、高血圧、脂質異常症(高脂血症)、高血糖症などに気を付ける必要があります。適度な運動とバランスの良い生活を送れるよう家族で協力していきましょう。

女性が気をつけたい乳腺炎

 女性特有の症状に乳腺炎があり、うっ帯性乳腺炎と化膿性乳腺炎の2種類あります。うっ帯性乳腺炎は、患部を冷却した後にマッサージでほぐし搾乳すれば治ります。しかし細菌が入り込み悪化すると化膿性乳腺炎になり、抗生物質を投与したり切開して膿を取ることもあるのです。
 
 
 急性化膿性乳腺炎は、外科的感染症のなかでも最も症状の激しい病気です。患側の乳腺は発赤、腫脹(しゅちょう)、激しい疼痛と局所の熱感を訴えます。
 
急性化膿性乳腺炎 – goo ヘルスケア

 
 化膿性乳腺炎の予防には細菌が入らないよう清潔に保つことです。うっ帯性乳腺炎の予防は授乳間隔を空けず、赤ちゃんがあまり飲まないのであれば、搾乳して乳房に乳汁を溜めない工夫をしましょう。

 主に高齢者の血流不良からくる胸の痛みが恐ろしいです。動脈硬化を防ぐためにも日頃の生活習慣を見直す必要があります。心筋梗塞の無症状が特に怖いため、症状を軽く見ずに病院へ受診しましょう。若い女性の胸の痛みやさまざまな痛みから、どの痛みが分類に該当するか見ることも大切です。