「洋ナシ型」太り。ダイエットのポイントは?

下半身太り「洋ナシ型」の特徴

 
 “洋ナシ型”というのは「皮下脂肪型肥満」で、おなかの皮下に脂肪が蓄積されるタイプ。
 
あなたは“隠れ肥満”? – goo ヘルスケア

 
 洋ナシ型は、洋ナシのようにおしりや足などに脂肪が溜まった状態で、上半身が痩せていても下半身の肉付きが良いという人があてはまります。皮膚の下にある皮下脂肪に脂肪が溜まるタイプで、女性に多い体型です。さらに女性ホルモンの分泌が減ることにより、特に30代から40代の女性は洋ナシ型体型に徐々になっていく可能性があります。

原因は塩分から来るむくみにあり

 下半身太りの原因のひとつはむくみにあります。
 
 
 カリウムが不足したり、リンパ液の流れが悪くなると、血管内から血管外へと水分が移動し、むくみがおこります。寝る前の飲酒、睡眠不足、塩分の取りすぎ、野菜不足、運動不足などがむくみをひどくする原因です。
 
むくみ – goo ヘルスケア

 
 下半身が太いのは、砂糖の摂りすぎではないこともあります。塩分の取りすぎがむくみを引き起こしているのです。普段から濃い味付けのものを好んで食べている方は要注意です。
 
 

 「下半身」に脂肪が付きやすいタイプの人は、脂肪分解酵素が足りないために、酸化した悪い油による毒素が溜まっていることがあります。改善するためのオススメ食材は、バナナ、アボガド、きゅうり、良質な油とタンパク質です。
 
下半身太り体質は、脂肪分解酵素を摂ろう 今日の健康ひとことり – goo ヘルスケア

 
 さらに、むくみの原因である塩分摂取量を控えることなどにプラスして、脂肪分解酵素のある食べ物を合わせて食べることでさらなるむくみ改善に期待できます。

リンパマッサージと運動で効果アップ

 
 リンパは血管と違って心臓のポンプ作用が及ばないため、とてもゆっくり流れています。そのためストレスや運動不足、不規則な生活など、ちょっとしたことで流れが滞ってしまいます。リンパが滞ると体に老廃物や余分な水分がたまり、疲れやむくみ、冷え、肩こりなどさまざまな不快な症状をもたらします。ニキビやくすみ、小じわ、セルライトが増えたり、体重増化や老化の原因にもなるというから大問題です。
 
リンパマッサージで疲れ・むくみを解消 – goo ヘルスケア

 
 むくみの解消には、内側からだけでなく外側から刺激してあげることでさらなる効果を期待できます。リンパマッサージもむくみ改善の一つです。リンパ節に老廃物が溜まることでもむくみが起こっている可能性があります。リンパマッサージでふとももとふくらはぎを優しく刺激してあげましょう。さらに、下半身に効く運動を取り入れることも大切です。スクワットやその場足踏みのほか、ウォーキングなどで下半身を刺激しましょう。

 洋ナシ型の下半身太り体型はちょっとした生活の工夫で改善することは可能です。また、現在スリムな体型を維持している人も年齢と共に洋ナシ体型になる可能性があります。塩分の調整など日々の生活から改善していきましょう。