シミ、肝斑、そばかすをセルフケアで無くそう

シミにも種類がある

 女性にとって老けて見えたり、不健康に見えたりする「シミ」は本当に無くなってほしいですし、できるだけ作りたくないものですよね。ただ、単にシミと言っても、様々な種類があるのをご存知でしょうか。大きく分けて「肝斑」と「そばかす」、「炎症性色素沈着」があります。

 

 顔の左右対称にほぼ同じ大きさ、形にあらわれる、輪郭のはっきりしない淡褐色のシミのこと。ほお、額、唇の周りなどにでき、目の周囲にはできないのが特徴。 

肝斑 – goo ヘルスケア

 

 目の回りやほおなどに集中してみられる小さな茶褐色の斑点で、メラニン色素が色素沈着してできる。色白の人にできやすく、遺伝的な要素があるとされる。 

そばかす – goo ヘルスケア

  
 「炎症性色素沈着」は、主にかすり傷の跡などが残ってしまうような肌への炎症が原因のシミのことです。これもシミとして認識されています。
 
 このように、シミにも違いがありますが、肌の中でボツボツと浮き出てくるため、嫌な存在であることには変わりありません。

シミの大きな原因とは

 誰もが無くしたいと思っているシミですが、出来てしまう原因とは何でしょうか。
 
 シミの元となるメラニンは肌の新陳代謝ではがれ落ちる仕組みになっていますが、その作られるメラニンの量とはがれ落ちるスピードのバランスが崩れることでシミが出来てしまいます。
 
 肝斑などは、紫外線の影響だけでなく、妊娠や閉経といった女性ホルモンやストレスなどの影響も多いに考えられるとされています。
 
 
 紫外線にあたりやすい部位に症状が現れ、実際に紫外線をあびることが症状の悪化と関連している場合が多いので、発症の原因として紫外線が重要であると考えられています。
 さらに、ストレスも関係していると考えられています。
 
肝斑とはどんな病気か – goo ヘルスケア

  
 できるだけ紫外線から肌をガードし、ストレスなく過ごすのが肌にとってベストです。それでも、日々のストレスや紫外線を完全にシャットアウトすることはなかなか出来ることではありません。どのように自分でケアしたらいいのかを次でご紹介します。

自分でできるシミ、肝斑、そばかすケアとは

 日々のストレスや紫外線を浴びないように気をつけたいのはやまやまですが、全てをゼロにするのは難しいですよね。そこで、メラニンが出来てしまってもうまく排出されるような基盤作りを整えることが大切になってきます。
 
 
 メラニンを排出する肌作りのポイントは、
 ・メイク落とし、洗顔をきっちり行う(刺激物の排除)
 ・乾燥を防ぐ(保湿)
 ・ハイドロキノン、アルブチン、コウジ酸、ビタミンC誘導体などの美白剤の使用
  
 これらに気をつけていれば、シミが出来にくい肌作りも夢ではありません。
 
 毎日のケアといっても、それほど難しいことはありません。しかし、少し怠ってしまうとある時シミとなって現れてしまいます。体の健康と同様、肌もケアを怠れば目に見えて結果が出てしまうのです。毎日のケアでシミを無くし、より美肌を目指しましょう。