日本人女性にできやすいシミ「肝斑」って何?

肝斑って何?

 実は肝斑というシミ、普通のシミだと思って治療すると、逆に悪化してしまうことがあるそうです。お化粧でも隠しにくく、シミのなかでも厄介な部類に入ります。
 
 
 30〜40代の女性の顔面、とくに頬、額、上口唇に左右対称に淡褐色の色素斑が現れます。妊娠時に現れる場合は、妊娠2〜3カ月ころから現れることが多く、次第に色調が濃くなります。
 
肝斑 – goo ヘルスケア

 
 日本人のような黄色人種に現れやすいシミで、特に浅黒い人はメラニン色素を多く持っているのでできやすいそうです。

肝斑ができる原因は?

 肝斑は普通のシミができる原因とは少し違っています。通常のシミは紫外線によるダメージが原因の場合が多いですが、肝斑は女性ホルモンが発症と深くかかわってると考えられています。
 
 
 ストレスや、過剰なマッサージなどの物理的な刺激が影響したり、紫外線が発症や悪化の誘因となることもわかっている。
 
肝斑 – goo ヘルスケア

 
 通常のシミは、レーザー治療で改善することができますが、肝斑の場合はレーザー治療すると悪化すると指摘されています。やはり、通常のシミと原因が違うため、同じ治療で改善するのは難しいようです。

肝斑の治療方法は?

 肝斑は頬や頬骨にそったり、こみかみからおでこ、口の周りなど広範囲に広がりできます。目の周りにできることはなく、左右対称で同じ大きさと同じ形にできるのが特徴です。肝斑か普通のシミかを見分けるのに、特別な検査をされることはありません。ただし、治療方法は若干違います。
 
 
 トラネキサム酸、ビタミンC、ビタミンEの内服やハイドロキノン、コウジ酸、アルブチン、リノール酸などの美白剤の外用、またはケミカルピーリングが効果的なことがあります。
 
肝斑 治療方法 – goo ヘルスケア

 
 

 トラネキサム酸シロップの処方目的・適応
 全身性線溶亢進が関係すると考えられる出血傾向(白血病,再生不良性貧血,紫斑病,手術中・術後の異常出血)/局所線溶亢進が関係すると考えられる出血
 
トラネキサム酸シロップの詳細 | 特徴・効果効能 – goo ヘルスケア

 
 このトラネキサム酸は、止血剤として使われるようですが、美白効果もあるそうで、肝斑の治療には有効とされています。通常のシミとは有効とされる成分が違うようですが、ケミカルピーリングは肝斑にも有効なようです。

肝斑を予防するには

 肝斑はシミの一種ですので、原因は違っていても、対策は同じで大丈夫なようです。紫外線に当たらないように注意したり、紫外線ダメージから肌を守る対策をするようにしましょう。また、肝斑ができてしまった場合は、肌にあまり刺激を与えないようにしましょう。刺激の強い化粧品や洗顔料を使ったり、肌をゴシゴシこすらないようにしてください。いずれは頑固なシミへと変化していくそうなので、肝斑治療や改善方法を頭に入れておくことは大切ですが、一番は作らないように予防することです。
 シミかな?と思ったら、まずは肝斑ではないかと、肝斑の特徴を当てはめてよく調べてみてください。
 できてしまった肝斑は、改善するしかありませんが、方法を間違えると悪化してしまいます。正しい知識を付けて、正しく判断できるようにし、肝斑のない綺麗な肌を目指しましょう。