いつも飛ぶ目の前の蚊…「飛蚊症」の原因と治療法

いつも飛ぶ目の前の蚊 飛蚊症の原因と治療法

飛蚊症の原因とは

 

 実在しないのに、目の前に蚊(か)が飛んでいるように見える症状をいいます。
 原因としては、後部硝子体剥離(こうぶしょうしたいはくり)などがあります。
 病気でないことが多いのですが、網膜剥離(もうまくはくり)や硝子体出血(しょうしたいしゅっけつ)がおこっていることもあり、眼底検査を受ける必要があります。
 
ひぶんしょう【飛蚊症】 – goo 辞書

 
 

 原因は加齢やストレスによって抗酸化物質が減少した結果発生する生理的な飛蚊症と、目の病気が引き起こす飛蚊症があります。前者の場合、体内の活性酸素を除去する食事と、外出時のサングラス、疲れを溜めない生活が肝心となります。後者の場合は、硝子体剥離や硝子体出血、網膜裂孔、網膜剥離などの可能性があります。
 
飛蚊症 – goo ヘルスケア

 
 飛蚊症には、加齢やストレスが誘因となるものと、病気が誘因となるものと、2種類の原因があります。どちらも目の前を蚊が飛んでいるような症状があらわれます。眼科を受診し、原因を究明しましょう。

飛蚊症の治療法とは

 

 飛蚊症は硝子体を手術で切除することにより消失する。海外には、FOV(floater only vitrectomy)という飛蚊症除去のための硝子体手術が行なわれている国がある[1]が、日本では、飛蚊症除去の目的では硝子体手術のリスクは高過ぎると考えられているため、FOVが行われることは、ほとんどない。しかし、硝子体手術の安全性は向上して適応が広がりつつあるため、飛蚊症に対する硝子体手術も安全な手術であるとの見解が日本でも現れている[2]。
 
 また、レーザーで硝子体の混濁を直接に粉砕する施術もあり、FOVと比べて侵襲性が低いために安全性が高く、特に形状の明確な飛蚊症の解消に有効である[3]。ただし、若年性の飛蚊症の場合に多い網膜や水晶体付近の混濁には、安全性確保のため、レーザーの照射は避けられる。この施術は、欧米、台湾、韓国などで行なわれており、日本から海外に渡航して治療を受ける例もあるが、治療費のほか、渡航費や通訳費用の負担が発生する。2013年8月には、ようやく日本にもレーザー治療を開始するクリニックが現れた[4]。レーザー機器は時代とともに精度と性能が向上しており、2013年初頭には飛蚊症治療に特化したレーザー機器も開発された[5]。
 
飛蚊症 – goo Wikipedia

 
 

 最近では、硝子体生検によって原因を特定することを目的にした診断的硝子体手術のほか、硝子体混濁を手術的に除去して症状の改善を図ろうとする治療的硝子体手術も行われています。
 
硝子体混濁 – goo ヘルスケア

 
 治療法は原因によって異なります。目の病気から飛蚊症を発症している場合には、レーザー照射など外科的手術が行われます。

 目の前を蚊が飛んでいるような飛蚊症の原因はストレスや加齢ばかりではありません。放っておくと視力が低下し、視野が狭くなり、失明の可能性もあります。疲れているからと自己判断はせず、症状が進行する場合には専門医を受診しましょう。



パソコンやスマホのやりすぎで10代でも発症!飛蚊症とはどんな病気?

10代でも発症する飛蚊症がネットで話題

そもそも飛蚊症とは

 

 視野に黒い点や虫のようなものがゆらゆらと動いて見える症状を飛蚊症(ひぶんしょう)といいます。これは眼の中を広く覆っている卵の白身のような物質・硝子体(しょうしたい)のなかに浮かんでいる濁りが景色に重なって見えるために起こります。
 
飛蚊症 – gooヘルスケア

 
 飛蚊症は、加齢やストレス、目の病気などが原因でおこります。また、近視の場合も起こりやすいといわれている病気です。パソコンやスマホなどが普及したことで目を悪くする原因が増え、10代や20代でも安心はできません。

飛蚊症は病気のサインであることも

 ストレスなどからくる場合、飛蚊症自体は重大な病気ではありませんが、飛蚊症が他の病気に繋がっているサインになっていることがあります。
 
 

 出血が少量の時は、硝子体中の出血が網膜に影を落として、飛蚊症を自覚します。突然、「墨を流したような影」を自覚したとの訴えがよく聞かれます。大量の時は光がさえぎられてしまい、霧視や視力の低下を起こします。
 
硝子体出血 – gooヘルスケア

 
 硝子体出血も飛蚊症で分かる病気の一つです。硝子体の血が黒い塊などのように見えます。こじらせると失明の危険もある病気です。

飛蚊症で網膜剥離が分かる

 

 初期には、目の前に蚊(か)のようなものが飛んで見える飛蚊症(ひぶんしょう)や、目を閉じていても光がちかちか見える光視症(こうししょう)になることがあります。
 
網膜剥離の症状・解説 – goo辞書

 
 目の網膜といわれる部分の下に水が溜まる網膜剥離も、初期症状で飛蚊症が現れることがあります。若者の投稿の中にも、長年飛蚊症を放置したために網膜剥離へ発展したケースもあるので、注意が必要です。
 
 

 毎年1万人に1人くらいの割合で起こると考えられています。剥離した網膜は徐々に機能を失っていくので、放置すれば失明に至る病気です。そのため、以前は恐ろしい病気というイメージもありましたが、最近では手術でほとんど治るようになっています。
 
網膜剥離 – gooヘルスケア

 
 網膜剥離の治療は、ほとんどの場合手術によって行われます。飛蚊症の症状が現れたら、病気を疑って、早めに診察を受けたいところです。

 飛蚊症は10代や20代の若いうちに発症することも少なくない病気です。飛蚊症自体が日常に悪影響を及ぼすことはあまりありませんが、重い病気にかかっている可能性もあるので、気づいたら早めに診てもらいましょう。

続きを読む




Sorry. No data so far.