目やまぶたの腫れ、ものもらいの対処方法

放置しがちな「ものもらい」の症状とは

 たびたび、目がチカチカ痛くなったり、まぶたが重くなったりすることはありませんか?大抵の場合は、目の疲れや寝不足などのストレスが重なって症状が出るため、その日のうちか数日すれば自然に治っているということがほとんどです。
 
 しかし、なかなか引きにくい腫れなどは、「麦粒腫(ものもらい)」になっている可能性があります。これは主にブドウ球菌の細菌感染がまぶたの外側か内側に起こることを言います。外側の麦粒腫は、まつ毛の周りにある汗腺や皮脂腺に起こり、膿をもった点はまぶたの皮膚にできます。内側の麦粒腫は、瞼板腺(けんばんせん)の急性化膿性炎症で、膿点はまぶたの内側にできる症状のことです。
 
 
 外麦粒腫は、まぶたが赤くなり(発赤)、はれ(腫脹(しゅちょう))、痛み(疼痛)が現れます。炎症が強い時は、はれも強く、まぶたが上がらなくなることもしばしばあります。
 内麦粒腫では、これらの症状は比較的軽く、まぶたをひっくり返すと、充血した眼瞼結膜とその真ん中に黄色い膿点がみられます。
 
麦粒腫(ものもらい) – goo ヘルスケア

 
 よく起こる病気ではありますが、炎症が続いていると目がとても不快な状態が数日続くことになります。

「ものもらい」の対処法とは

 よく聞く目の病気なだけに、症状が軽ければ病院へ行くことも面倒に感じられそうですが、初期の状態で対処すれば悪化せずに治るため、早めに病院で処置してもらうことをお勧めします。
 
 
 (診断は)急性の症状と圧痛点の存在、膿点(のうてん)の存在から容易です。初期の赤みが目立たない時期には診断に困る場合もあります。
 
麦粒腫(ものもらい、めばちこ) – goo ヘルスケア

 
 治療としては、抗生剤の点眼が一般的です。もし腫れがひどければ、ペニシリン系やセファロスポリン系の抗生剤や消炎薬を内服すると、数日で治ることが一般的なケースです。膿点が見られれば麻酔液を点眼した上で、針で突いて膿みを出します。

稀にある目の怖い病気

 ものもらいと似た症状の目の病気として、急性霰粒腫、皮脂腺梗塞、眼瞼縁炎、急性涙嚢炎などがあり、これらと誤診しないよう気をつけることが大切です。また、ものもらいを繰り返す時には、糖尿病が疑われることもあります。
 
 その他、性行為後に起こるという特徴を持つ「淋菌性結膜炎」や「封入体結膜炎」といった特殊な病気の場合もあります。
 
 
 封入体結膜炎は最近、性感染症(性病)のひとつとして注目されています。尿道炎、子宮炎症などの病原体が性行為によって眼に感染するもので、成人に結膜炎を起こします。
 
封入体結膜炎、トラコーマ – goo ヘルスケア

 
 

 成人では、性行為の1~3日後、強い結膜充血、浮腫(ふしゅ)、眼痛が起こり、大量のクリーム状の濃い眼脂が出ます。新生児では、生後1~3日で両眼性に強い結膜充血、浮腫、眼瞼腫脹(がんけんしゅちょう)が起こり、クリーム状の濃い眼脂が出ます。
 
淋菌性結膜炎(膿漏眼) – goo ヘルスケア

 
 治療法としては、それぞれの菌に有効な抗菌薬や眼軟膏を使用し、必要に応じて抗生剤の全身投与を行います。
 
 また、「角膜ヘルペス」は何年も前に感染しており、ストレスや体調不良、熱発、気温の低下などが原因で角膜の表面に菌が出てくることによって、発症します。 治療は、単純ヘルペスウイルスに対する特効薬であるアシクロビル薬を眼軟膏として、副腎皮質ステロイド系の点眼薬と併用します。角膜ヘルペスの特徴として、再発することがあるため、日頃から体調を整えることが大切です。

 目に違和感があっても、「ものもらい」だと思い、病院に行かない人も多いことでしょう。しかし、ものもらいであっても病院へ行って処置をすることが大切です。また、別の目の病気に感染している可能性もあるため、油断は禁物です。