口臭を引き起こすドライマウス 唾液増加対策

ドライマウスとは

 
 唾液(だえき)分泌量が低下して唾液の質に異常を来し、のどが渇いたり口のなかが乾燥し、痛みや不快感が生じます。
 
口腔乾燥症(ドライマウス) – goo ヘルスケア

 
 

 クッキーやクラッカーなど水分の少ない食品が飲み込めないなどの嚥下(えんげ)障害、味覚障害、口のなかがねばねばする、唇・舌・口のなかの粘膜の乾燥や夜間の乾燥感といった症状が現れます。さらに、義歯(ぎし)の不適合、装着時の疼痛(とうつう)、カンジダ菌の増殖による舌痛(ぜっつう)や口角炎(こうかくえん)も認められます。う蝕(しょく)(むし歯)の多発、舌苔(ぜったい)の肥厚、口内炎や口臭が生じます。
 
口腔乾燥症(ドライマウス) – goo ヘルスケア

 
 糖尿病や薬の副作用、加齢など様々な原因が重なり発症します。また食生活の変化により、咀嚼(そしゃく)の回数が低下し、唾液の分泌が減少したことも要因です。

唾液の役割とは

 
 唾液には食物の消化、自浄、抗菌、粘膜や歯の保護といった作用があり、口の中を清潔に健康に保つ働きをしている。そのため、唾液量の減少は口内環境の悪化をもたらし、むし歯・歯周病にかかりやすくなったり、口臭や、口の中が荒れる原因となる。
 
唾液 – goo ヘルスケア

 
 普段あまり気にしない唾液ですが、口内洗浄のためには欠かせない存在です。唾液の分泌が少なくなると口内に細菌が繁殖しやすい環境となり、口臭の原因になります。

唾液分泌量の増加には

 
 日常生活の工夫には、唾液腺を刺激して唾液を増やすことを心がけます。食事のときはよくかんで食べるようにしましょう。できるだけストレスをためないように、気分転換を図り、リラックスすることも、唾液の分泌を促します。
 
若い人にも増えているドライマウス – goo ヘルスケア

 
 

 ドライマウス対策は噛むことです、ガム等を噛んで唾液腺を活発にするのも良い事です。
 
口が乾く – 教えて!goo

 
 

 私も少しドライマウスっぽいですが、口が渇いたときは、口を閉じたまま、舌を大きくグルッと円を書くように回すと唾液が出てきますよ。
 
口臭がする・・コンプレックス気味 – 教えて!goo

 
 よく噛み、よく顎を動かすことが、唾液の分泌量増加に効果的です。

 ドライマウスは口内環境に悪影響です。細菌が増え、虫歯や歯周病、口臭を引き起こします。口内環境を整え、清潔に保つために唾液は欠かせないものです。唾液の分泌の減少を感じたら、顎をよく動かし分泌を促しましょう。