お腹が痛い!そんな時の5つのチェックポイント

お腹が痛い原因とは

 腹痛の原因は様々です。腸内にガスが貯まっていることから引き起こされるものから、消化器や泌尿器といった腹腔内にある臓器の異常や、血管や筋肉、腹膜などの変化、また、心臓疾患等によっても腹痛が引き起こされることもあります。
 
 
 通常、貯まった腸内ガスは排便時に排出されますが、困るのは周囲に人がいる場合。ところかまわず出ようとするものを、無理に我慢するとどうなるのでしょうか。たまったガスの圧力は腹痛を引き起こすでしょう。ガスが胃を圧迫すると食欲不振、吐き気、胸焼けなどを起こすことがあります。
 
いいおならと悪いおなら – goo ヘルスケア

 
 腸にガスが溜まっていたりすることが原因の腹痛の場合は、トイレで用を足したり、おならを出したりすることで、すぐに解消される場合もありますが、痛みが持続するような時は、ほかの原因を探る必要があります。

腹痛の時の5つのチェックポイント

 病院に診察を受けに行くべきかどうか判断に迷う時は、5つのチェックポイントで、原因を探ってみましょう。診察を受ける時にも症状を説明することができるようになります。
 
 ・腹痛はいつから痛くなって、どれくらい続いているか
 ・どのような痛みか
 ・腹痛が特定の行動の時に重くなったり、和らいだりしているか
 ・腹痛以外の症状が出ているか
 ・既往症、アレルギー、月経・妊娠の有無
 
 
 腹痛は、消化器、泌尿器、婦人科領域、血管、筋肉、腹膜など腹腔内(ふくくうない)にあるあらゆる器官の変化で起こります。それだけでなく心臓などの病気でも起こり、おそらく病気のなかで腹痛を主症状とするものが最も多いのではないかと思われます。にもかかわらず、痛みの程度や部位、性質、随伴症状などで原因となる病気がある程度推測できるのが腹痛でもあります。
 
おなかが痛い 考えられる主な病気 – goo ヘルスケア

 
 腹痛と一口に言っても、みぞおちあたり、右上腹部、左上腹部、へそ部、右・左腹部、右・左下腹部、下腹部と痛みを感じる部分や、痛みの度合いによって、疑われる病気は様々です。

明らかに緊急事態の場合は、すぐに救急車

 激痛を伴うものや、腹痛以外の症状も併発しているなど、明らかに、緊急を要する症状の場合は、救急車を要請して、一刻も早く治療を開始します。
 
 
 (1)局番なしの119へ電話します。
 (2)「火事ですか、救急ですか」と聞かれます。はっきりと「救急」と告げます。
 (3)いつ、どこで、誰(何人、老若子どもなど)が、どうしたか、どんな状態なのかをはっきりと簡潔に伝えます。
 (4)名前、住所、電話番号を正確に知らせます。近所の目標物も伝えます。
 
救急車の呼び方 – goo ヘルスケア

 
 救急車を呼ぶほどではなく、ただの腹痛だからといって、我慢を続けていると重症化することがあります。痛みが続く場合は、できるだけ早く受診をするようにしましょう。

お腹が痛い時の応急処置

 腹痛の原因を探るため、とりあえず様子を見る際も、できるだけ安静にしておくことが必要です。便や嘔吐などは、体の中の毒素を排出する効果があるので我慢をせずに行います。
 
 
 低い枕をし、クッション、または座布団などを折ってあてがうと楽になる。これが苦しいなら、いちばん楽な姿勢をとらせる
 急におこる嘔吐が考えられるため、顔を横に向けておき、吐瀉物(としゃぶつ)による窒息を防ぐ
 吐きたいなら吐かせ、薄い塩水か水でうがいをさせる
 水や食べ物を与えない
 
頭がとても痛い/呼吸がとても苦しい/ 胸がとても痛い/おなかがとても痛い – goo ヘルスケア

 
 嘔吐などの症状が発生した場合は、できるだけ早めに受診するようにしましょう。また、伝染病等の可能性もありますので、家族等が吐瀉物や便の処理をする際は、マスクとビニール手袋、エプロン等を使用し、消毒をするなどして二次感染を防ぎます。

 腹痛の原因は様々ですが、体の異常を知らせるサインを発している場合があります。お腹の痛みが続くようであれば、無理して我慢を続けるよりも、早めに受診をしましょう。原因を特定した方が、重症化を防ぎ、回復も早くなります。