あせも予防に大切なポイントとは

あせもができるメカニズム

 
 大量発汗時に汗の管である汗管が閉塞し、汗が皮膚の外に出ずに汗管外(皮膚内)に漏出して発症する。浅いところでの閉塞は、水疱が主にでき水晶様汗疹(すいしょうようかんしん)という。痒みはない。一方、深いところでの閉塞は、丘疹が主にでき、その場合、湿疹を併発して赤くなるため紅色汗疹(こうしょくかんしん)と呼ばれる。痒みも出ることが多い。
 
汗疹とは – goo Wikipedia (ウィキペディア)

 
 汗腺から分泌された汗は汗管(かんかん)という管を通って皮膚の表面に出ます。しかし、何らかの原因によって汗管が詰まってしまうと、汗は外にでることができず汗管の中にたまってしまいます。汗管にたまった汗が皮膚内の周囲の組織に浸み出すことにより、水ぶくれができたり炎症を起こしたりします。これがあせもです。
 
 そして、汗管がどこで閉塞するかによってあせもの種類が違ってくる、というわけなのです。
 
 

 水晶様汗疹では直径1〜3mm程度の小さな水疱(すいほう)が多発します。かゆみや痛みなどの自覚症状はありません。紅色汗疹は赤い丘疹(きゅうしん)が多発し、軽いかゆみやチクチクした軽い痛みを伴っていることがあります。
 
汗疹(あせも) – gooヘルスケア

 
 水晶様汗疹は、かゆみがないためにできたことに気付かずに自然に治ってしまうことが多いようです。また、紅い丘疹ができるあせも(紅色汗疹)は、あせもが炎症を起こしている状態です。

あせもの治療・予防に大切なスキンケア

 水晶様汗疹や軽いの紅色汗疹は自然に治癒します。そのためにはスキンケアをきちんと行い、汗管の詰まりを解消することが大切です。汗管の詰まりは汗をたくさんかくことによって起こります。汗をかいて皮膚をぬれたままの状態にしておくと角質がふやけて膨張し、毛穴をふさぎやすい状態になります。その状態で放置すると皮膚の表面に汚れがたまり、汗管が詰まりやすくなるのです。
 
 汗をかいたら放置せずこまめに拭き取るようにします。また、お風呂やシャワーで患部を優しく洗い、清潔な状態に保ちましょう。
 
 紅色汗疹でかゆみや腫れが伴う場合は皮膚科で抗炎作用のあるステロイド外用薬を処方してもらいます。患部を洗って乾かした後にステロイド外用薬を薄く伸ばしてください。

あせもを予防する方法

 あせもを予防するために大切なのは、汗管が詰まりを防止することです。汗をかいたままにしておくと汗管がつまりやすくなるだけでなく、角質がふやけて皮膚を保護する機能も低下してしまうため、こまめに汗を拭き取ったり、シャワーで洗い流すようにしましょう。
 
 汗を拭きとる際は、汗の成分や皮膚の汚れを落とすことができる濡れタオルがおすすめです。外出先で濡れタオルを使用できないときは、ウェットティッシュや汗ふきシートなどを使うとよいでしょう。ただし、皮膚の保護機能が低下している場合はアルコールなどの成分が皮膚の刺激になることもあるので注意してください。
 汗をかいたままにしていると、角質層が汗の水分を吸収し、ふやけてもろくなります。だからハンカチなどで汗をふくとき、こすってはいけません。そっと押しあて、汗を吸い取るようにしましょう。
 また、汗が皮膚にたまらないように着用する服や下着も工夫しましょう。
 
 
 通気性・吸湿性の良いものをえらぶようにしましょう。気温があまり高くなくても湿度が高いと体内に熱がこもってしまいます。汗をかいてもすぐに吸収してくれるような素材や、通気性の良いデザインの服を選ぶことで、体温調節がスムーズに行うことができます。
 
汗っかきさんの夏バテ対策 – gooヘルスケア

 
 体にフィットしたデザインよりも、ゆったりとしたデザインの服を選ぶことがポイントです。

 あせもができやすい場所は、頭・額・首・肘の内側・膝の裏側・お尻など汗が乾きにくくたまりやすい部分です。意識的に汗を取り除くようにしましょう。また、エアコンの除湿機能などをうまく利用して、高温多湿の環境を改善することも効果的です。ただし、冷房を使いすぎると汗をかく機能自体に支障をきたしてしまうため、なるべく冷房に頼らずに汗をコントロールするよう工夫しましょう。