不眠の症状と、今スグ実践したい快眠のコツを徹底解明!

放っておくと恐ろしい。睡眠不足が招く悪影響

 睡眠不足は、人間の体に様々な悪影響をもたらします。たかが寝不足だと放っておくと、後々大変なことに。
 毎日の体調管理には、睡眠時間をキープすることは欠かせないのです。
 
 
 睡眠不足や睡眠障害などの睡眠の問題は、疲労感をもたらし、情緒を不安定にし、適切な判断力を鈍らせるなど、生活の質に大きく影響します。また、こころの病気の一症状としても現れます。
 
休養 – gooヘルスケア

 
 また、睡眠中には成長ホルモンも作られます。成長ホルモンの分泌が少なくなると、お肌のトラブルの元になってしまいますね。
 
 

 睡眠中には成長ホルモンの分泌が多くなります。成長ホルモンは体の新陳代謝を促すため、分泌が活発になる睡眠中に、体の機能の修復や疲労回復、皮膚の再生などが行われるのです。昔から「寝る子は育つ」「美人は夜つくられる」と言われますが、これらは科学的にも正しかったのですね。逆に、睡眠が不足すると肌の代謝も低下し、ニキビや乾燥、くすみなどの肌トラブルを招いたり、シミ、シワ、たるみなどの肌老化が進んでしまうということになるわけです。
 
睡眠不足は肌のトラブルの原因に – gooヘルスケア

 
 仕事で終電帰りが続いたり、朝まで遊んでしまったという翌日は、お肌がくすんだり荒れていたりしていませんか?
 女性は特に気をつけたいですね。睡眠不足は、美容にとっても大敵なのです。

こんなにたくさん?寝不足が招く10の症状はコレ

 睡眠不足による主な症状としては、次の10点が挙げられます。
 
 ・脳内に起こる症状
 ①集中力の低下
 ②記憶力の低下
 
 ・体調面に起こる症状
 ③頭痛
 ④めまい
 ⑤吐き気
 ⑥疲れやすい
 ⑦免疫力の低下
 
 ・メンタル面に起こる症状
 ⑧急激な眠気
 ⑨ストレスの増加
 ⑩情緒不安定
 
 以上のような症状が、睡眠不足による主な症状となります。
 脳内・体調面・メンタル面それぞれの症状をよく理解し、日頃から自身の体調をチェックするようにしましょう。

寝不足とサヨナラ!快眠のためにできること

 寝不足の症状を改善するには、睡眠をたっぷりとるしか方法はありません。では、快眠のためにできることは何なのでしょうか?
 
 まず、生活リズムを整えることが非常に大切です。
 人の体は、昼間は活動し、夜は眠るというサイクルの中で成り立っています。睡眠不足はこのサイクルを狂わせてしまうのです。
 
 
 人間には体温のリズムがあり、それに沿って生活するためには、夜中の12時までに寝て、朝7~8時に起きるのが理想的です。“睡眠の質”という点からいえば、午後10時から午前3時までの時間帯が睡眠の“ゴールデンタイム”です。夜型の人でも午前3時までには寝るようにして、それが難しい場合は、睡眠時間を長めにとるようにしましょう。
 
質のよい眠りは、質のよい仕事につながる – gooヘルスケア

 
 まずは昼と夜のリズムをつけること。仕事が忙しい人も、夜の12時ごろには就寝しておきたいものですね。
 

それでも眠れないときは…とにかくリラックス

 生活リズムを整えても、なかなか寝付けないという人も多いはず。仕事のプレッシャーや、緊張状態が続くと眠れなくなる…といった経験はありませんか?体は疲れているのに、頭がずっと起きたまま。そんな時には、とにかくリラックスすることを心がけましょう。
 
 
 ストレッチ、腹式呼吸法などは身体をリラックスさせる代表的な方法です。アロマオイルなどを使ってリラックスするのもよいでしょう。また、布団にもぐって「寝たふり」をするというのも効果的です。横になっていると、緊張が緩み、知らぬ間に寝入ってしまうものです。
 
寝つけないときはイメージ&リラックス – goo ヘルスケア

 
 好きな音楽を聴いたり、アロマを炊いたりして気持ちを落ち着かせます。無理に眠ろうと頑張ると、余計に眠れなくなることもあるので無理はしないでください。温かい飲み物を飲んだりして、ホッとするひと時を作ると、眠りに入りやすくなります。

お風呂に入って快眠促進。意外な効果とは?

 入浴には様々な健康効果がありますが、睡眠の質を高めることにも非常に高い効果が期待できます。
 入浴すると人の体が温まりますよね。そして体温が下がっていく際に、人の体は体温を維持しようと睡魔を発生させます。その状態でベッドに入れば、スムーズに睡眠がとれるのです。
 
 
 眠りの質をよくするためには、副交感神経が働き出してから眠ることです。交感神経から副交感神経への切り替えをスムーズに行うために、習慣にしていただきたいのが、ぬるめのお湯にゆったりつかること。入浴で、肉体的にも精神的にも緊張がほぐれ、副交感神経にスイッチが入ります。
 
健康コラム – gooヘルスケア

 
 体がポカポカ状態になるまで、お風呂でじっくり芯から温まる。これができれば、より質の高い睡眠が期待できます。

 いかがでしたか?不眠による症状を理解し、自分に合いそうな快眠のコツを見つけることはできましたでしょうか。毎日の生活習慣を工夫するだけで、質のよい睡眠を得ることができます。健康的に毎日を送るためにも、睡眠時間は大切にしましょう。