supple

あなたが毎日飲んでいるそのサプリ、ホントに効いてますか?

「サプリメントの効用をうたい、根づかせた人間として、今のブームに責任を感じます」と反省の弁を述べるのは、神戸大学で栄養化学を教える金沢和樹先生。30年も前に食べ物の「発がん抑制成分」を発見したものの、当時は誰も信じなかったとか。「今は多くの研究者が競って開発しています。でも加熱しすぎて、体に必要ないもの、摂っても効果が期待できないものまで売られている」たとえばラットに与えた量を、体の大きい人間が摂っても効果は期待できません。なのに、体に効かない量で商品になることも多いとか。「逆にたくさん飲めば効く、というのも誤解です。そもそもサプリは体には異物だから、すぐ外に出そうとする。排出する過程で、細胞などに働きかけ効果を生みますが、必要以上に摂っても捨てられるだけです」また食事で摂る基本の栄養素、炭水化物やビタミンなどが不足だと、サプリだけ摂っても働かないそう。「とはいえ体に必要なサプリもある。見分ける目と正しい使い方を知ってほしいですね」。そこで人気のサプリの必要度を★で採点しました。基準は効果があるか、副作用がないか、食べ物で代替できるかなどの総合点。賢く取り入れ、健康に役立てて。

今回は「アンチエイジングに効果的なサプリ」を採点します。

アンチエイジングに効果的なサプリ

アンチエイジングの重要なキーワードが“抗酸化”。体内で体を傷つける「活性酸素」を消す成分が、若さを保ってくれます。抗酸化成分として人気のサプリはどれが効くのでしょうか?

・カテキン ★★★★☆ 
            
<抗酸化成分の優等生>
緑茶に多く含まれるカテキンは、抗酸化成分の優等生。高い抗酸化作用でアンチエイジングに働くほか、肥満や糖尿病、がんなどの予防効果も。ただし、サプリで必要かは疑問です。まとめて摂取してもすぐ排出される上、強い成分が胃を傷つけることも。実は、緑茶を毎食後に飲む方が効果的です。

・コエンザイムQ10 ★★★★★

<年をとると減っていく必須成分!>
体のエネルギー生産に必須の「CoQ10」。50代には必要量の3割も不足し、疲れやすくなるので補いたい成分。ただ一度に200㎎くらい飲まないと働かないそう。他の健康成分が含まれると副作用が心配なので、プラスアルファ効果がないもの限定で、3日に一度だけ摂取を。疲れを感じないなら必要ありません。

・アスタキサンチン ★★★☆☆

<鮭の赤い色が血管の若さを保つ>
鮭やエビなどの赤色の元になっている色素が、抗酸化成分の「アスタキサンチン」。血中脂質の活性酸素を抑えて、血管の若さを保ったり、免疫力を高めるとされます。その抗酸化作用は、ビタミンEの1000倍ともいわれる強力なもの。サプリでの補給も効果はありますが、朝食に鮭をよく食べるのがオススメです。

・ウコン ★★★☆☆

 <原料により効果に差がある>
「ウコン」はしょうがのような植物で、体に作用するのは抗酸化成分の「クルクミン」。肝機能を改善するため“お酒の友”として有名ですが、疲労を回復させ、若い体作りに役立ちます。ただ収穫される季節により値段が10倍違うというほど品質に違いが。事故を避けるため、信頼できるメーカーのものを選んで。

・セサミン ★★★☆☆

 <ゴマ油に豊富な抗酸化成分>
ゴマに含まれる抗酸化成分の「セサミン」。人体に入ると、強力な抗酸化物質である、カテコール型のセサミンに変化し、活性酸素をパワフルに抑えます。セサミンは圧搾することで出てくる成分なので、ゴマ油に豊富。サプリでも摂れますが、日頃からゴマやゴマ油を料理に使えば、十分な効果が期待できます。

・青汁 ★★★☆☆

 <野菜が摂れないときの補助に>
成分ではありませんが、栄養補助食品として人気の「青汁」。液体の青汁は、ビタミンやポリフェノールを多く含むため、外食の多い人や、料理する時間がないといったときにはサポート食品としてオススメです。ただ粉末のものはビタミンが壊れるなど、成分が変化しており効果は落ちそう。

【お話を伺った方】金沢和樹先生
吉備国際大学地域創成農学部教授。食材の健康機能を数多く発見している、サプリメント研究の草分け的存在。著書に『まちがいだらけのサプリ選び』(双葉社 \1,575)他。