supple

あなたが毎日飲んでいるそのサプリ、ホントに効いてますか?

「サプリメントの効用をうたい、根づかせた人間として、今のブームに責任を感じます」と反省の弁を述べるのは、神戸大学で栄養化学を教える金沢和樹先生。30年も前に食べ物の「発がん抑制成分」を発見したものの、当時は誰も信じなかったとか。「今は多くの研究者が競って開発しています。でも加熱しすぎて、体に必要ないもの、摂っても効果が期待できないものまで売られている」たとえばラットに与えた量を、体の大きい人間が摂っても効果は期待できません。なのに、体に効かない量で商品になることも多いとか。「逆にたくさん飲めば効く、というのも誤解です。そもそもサプリは体には異物だから、すぐ外に出そうとする。排出する過程で、細胞などに働きかけ効果を生みますが、必要以上に摂っても捨てられるだけです」また食事で摂る基本の栄養素、炭水化物やビタミンなどが不足だと、サプリだけ摂っても働かないそう。「とはいえ体に必要なサプリもある。見分ける目と正しい使い方を知ってほしいですね」。そこで人気のサプリの必要度を★で採点しました。基準は効果があるか、副作用がないか、食べ物で代替できるかなどの総合点。賢く取り入れ、健康に役立てて。

今回は「ダイエットに効果的なサプリ」を採点します。

ダイエットに効果的なサプリ

「やせるサプリでトラブルが多いのは、人の体が本来、脂肪を蓄えるよう働くものだから。それを阻害するのは、いわば毒なんです」と先生。ここでは安全なサプリを紹介します。

・リポ酸 ★☆☆☆☆

 <人体に必要なのはごくわずか>
「TCA回路」というエネルギー生産の流れに関わるため、補給により脂肪を多く燃やすとされています。しかし体に必要なのはごく少量で、サプリでの補給にどれほど効果があるかは不明です。逆に、めまいや動悸などの副作用の報告も。食事からの摂取で十分では。

・カルニチン ★☆☆☆☆

<エネルギー工場に脂肪を運ぶ>
細胞内のエネルギー工場である「ミトコンドリア」に、脂肪を運ぶのが「カルニチン」。脂肪燃焼をサポートすると人気ですが、そもそもカルニチンは体内で作られるだけで量は十分。食べ物からも摂取するので不足することはなく、サプリは必要なさそう。摂るとしても、週1回飲めば十分働くのだそう。

・フコキサンチン ★★★☆☆

<原料費がかかるので粗悪品に注意>
コンブやワカメの成分「フコキサンチン」は、体のエネルギーを熱にする働きで、肥満を防ぎます。ただし壊れやすいため、加工されたサプリの状態での効果には、やや不安が残るとか。また耳かき1杯分を取るのに干しワカメ150gほどが必要なため、原料費がかかります。あまり安い物は粗悪品の可能性が。

・カプサイシン ★★★☆☆

<辛味の成分で戦闘モードに> 
唐辛子の「カプサイシン」は、辛味が痛覚を刺激することで、体が“戦闘態勢”になります。すると、闘いに必要なエネルギーを生み出すため、脂肪などが分解されるしくみです。脂肪燃焼の効果はありますが、血圧を上げる副作用も。血圧が高い人は要注意。またサプリでなく、唐辛子を食事で摂ればOKです。

・ギムネマシルベスタ、アラビノース ★☆☆☆☆

<食事の時間外に飲んでも働かない>
「ギムネマシルベスタ」など食物繊維のサプリは、食物の糖が体に吸収されるのを阻止し、肥満を防止します。副作用の心配もありませんが、摂り方には注意。食事で摂った糖の吸収を抑えるので、食事と別にサプリだけ飲んでも意味がありません。また、ゴボウなど食べ物の食物繊維でも同じ効果はあります。

【お話を伺った方】金沢和樹先生
吉備国際大学地域創成農学部教授。食材の健康機能を数多く発見している、サプリメント研究の草分け的存在。著書に『まちがいだらけのサプリ選び』(双葉社 \1,575)他。