supple

あなたが毎日飲んでいるそのサプリ、ホントに効いてますか?

「サプリメントの効用をうたい、根づかせた人間として、今のブームに責任を感じます」と反省の弁を述べるのは、神戸大学で栄養化学を教える金沢和樹先生。30年も前に食べ物の「発がん抑制成分」を発見したものの、当時は誰も信じなかったとか。「今は多くの研究者が競って開発しています。でも加熱しすぎて、体に必要ないもの、摂っても効果が期待できないものまで売られている」たとえばラットに与えた量を、体の大きい人間が摂っても効果は期待できません。なのに、体に効かない量で商品になることも多いとか。「逆にたくさん飲めば効く、というのも誤解です。そもそもサプリは体には異物だから、すぐ外に出そうとする。排出する過程で、細胞などに働きかけ効果を生みますが、必要以上に摂っても捨てられるだけです」また食事で摂る基本の栄養素、炭水化物やビタミンなどが不足だと、サプリだけ摂っても働かないそう。「とはいえ体に必要なサプリもある。見分ける目と正しい使い方を知ってほしいですね」。そこで人気のサプリの必要度を★で採点しました。基準は効果があるか、副作用がないか、食べ物で代替できるかなどの総合点。賢く取り入れ、健康に役立てて。

今回は「美肌に効果的なサプリ」を採点します。

美肌に効果的なサプリ

「肌のハリツヤや美白をうたうサプリは数多いですが、効果のないものがほとんど」と金沢先生。「また、食事や生活習慣が乱れていたら、いくらサプリを摂っても効果は出ません」

・コラーゲン、ヒアルロン酸 ★☆☆☆☆

<分解され、そのまま肌に届かない>
体内に入った、コラーゲンやヒアルロン酸は、バラバラに分解され、筋肉や内臓などの細胞に作り変えられます。しかし生体の法則として、肌に再生されることはないとか。でも「コラーゲンサプリで美肌になった」と感じるのは、添加されたビタミンCが、体のコラーゲン合成を補助したためと考えられます。

・ビタミンE ★☆☆☆☆

 <サラダ油からも摂取できる>
ビタミンEは、その抗酸化作用で血流をよくし、肌代謝を改善。また、皮脂に溶け出して酸化を防止し、肌を保護するとされ、美肌ビタミンと人気です。ただ、料理によく使うサラダ油は、近年製造法が変わったことで大豆などのビタミンEが豊富に残っています。そのため不足する人は少ないのです。

・L−システイン ★★★★☆

 <活性酸素を消して美白をキープ>
美白成分として知られる「L−システイン」。紫外線を浴びると、肌は活性酸素の害から細胞を保護するため、シミや黒い肌の元・メラニン色素を作ります。L−システインには、活性酸素を消す作用があり、メラニン色素をできにくくする美白効果が。これからの日焼けの季節に有効です。

・コウジ酸、アルブチン ★★☆☆☆

<まずは日焼け止めを使って>
「コウジ酸」や「アルブチン」は、メラニン色素を作る「チロシナーゼ」という酵素の活性を抑えてシミを防ぎ、美白肌を保ちます。ただその結果、肌の防御力が低下し、皮膚がんのリスクを高める危険性も。日焼け止めで紫外線をブロックしたり、皮膚を内側から守るビタミンCの摂取がオススメです。

【お話を伺った方】金沢和樹先生
吉備国際大学地域創成農学部教授。食材の健康機能を数多く発見している、サプリメント研究の草分け的存在。著書に『まちがいだらけのサプリ選び』(双葉社 \1,575)他。