サプリで摂りたいビタミン・ミネラル【目的別サプリえらび】

提供:gooヘルスケア

supple

あなたが毎日飲んでいるそのサプリ、ホントに効いてますか?

「サプリメントの効用をうたい、根づかせた人間として、今のブームに責任を感じます」と反省の弁を述べるのは、神戸大学で栄養化学を教える金沢和樹先生。30年も前に食べ物の「発がん抑制成分」を発見したものの、当時は誰も信じなかったとか。「今は多くの研究者が競って開発しています。でも加熱しすぎて、体に必要ないもの、摂っても効果が期待できないものまで売られている」たとえばラットに与えた量を、体の大きい人間が摂っても効果は期待できません。なのに、体に効かない量で商品になることも多いとか。「逆にたくさん飲めば効く、というのも誤解です。そもそもサプリは体には異物だから、すぐ外に出そうとする。排出する過程で、細胞などに働きかけ効果を生みますが、必要以上に摂っても捨てられるだけです」また食事で摂る基本の栄養素、炭水化物やビタミンなどが不足だと、サプリだけ摂っても働かないそう。「とはいえ体に必要なサプリもある。見分ける目と正しい使い方を知ってほしいですね」。賢く取り入れ、健康に役立てて。

今回は「サプリで摂りたいビタミン・ミネラル」についてお話します。

サプリで摂りたいビタミン・ミネラル

おなじみのビタミンやミネラル類でも、食物からたっぷり摂れるものと、不足しがちなものがあります。下の5つは意識的に増やして。食事内容が偏りがちなら、マルチビタミン・ミネラルを摂るのがベター。

・ビタミンB1
体がエネルギーを作るとき必要なビタミン。現代人はパソコンで長時間、指を使うなど一部の筋肉を酷使しがち。するとそこだけ局所的にビタミンB1が不足します。

・ビタミンB2
ビタミンB2には、皮膚の健康を保つ働きが。夜更かしや働きすぎで酷使すると不足し、肌荒れ、口内炎などの症状が出ます。無理したと思ったときはサプリで補給を。

・ビタミンC
すでに紹介したように、ビタミンCは人体にとても重要でいて、不足しがちな成分。水溶性ですぐ尿から排泄されるので、毎食ごと1000㎎くらい摂るのが理想です。

・鉄
女性は生理があるため、鉄分が不足しがち。しかし、摂りすぎると肝障害などの過剰症を引き起こします。生理のときだけサプリで補給し、あとは食事で補って。

・カルシウム
骨の成分だけでなく、神経や免疫などの調整役。足りないと骨から使われ、さらに不足すると調整が滞りイライラが出ることに。骨に定着させるには運動が必要です。

【お話を伺った方】金沢和樹先生
吉備国際大学地域創成農学部教授。食材の健康機能を数多く発見している、サプリメント研究の草分け的存在。著書に『まちがいだらけのサプリ選び』(双葉社 \1,575)他。




取扱い注意!のサプリ【目的別サプリえらび】

提供:gooヘルスケア

supple

あなたが毎日飲んでいるそのサプリ、ホントに効いてますか?

「サプリメントの効用をうたい、根づかせた人間として、今のブームに責任を感じます」と反省の弁を述べるのは、神戸大学で栄養化学を教える金沢和樹先生。30年も前に食べ物の「発がん抑制成分」を発見したものの、当時は誰も信じなかったとか。「今は多くの研究者が競って開発しています。でも加熱しすぎて、体に必要ないもの、摂っても効果が期待できないものまで売られている」たとえばラットに与えた量を、体の大きい人間が摂っても効果は期待できません。なのに、体に効かない量で商品になることも多いとか。「逆にたくさん飲めば効く、というのも誤解です。そもそもサプリは体には異物だから、すぐ外に出そうとする。排出する過程で、細胞などに働きかけ効果を生みますが、必要以上に摂っても捨てられるだけです」また食事で摂る基本の栄養素、炭水化物やビタミンなどが不足だと、サプリだけ摂っても働かないそう。「とはいえ体に必要なサプリもある。見分ける目と正しい使い方を知ってほしいですね」。賢く取り入れ、健康に役立てて。

今回は「取扱い注意!のサプリ」についてお話します。

取扱い注意!のサプリ

「サプリの成分はもともと食品だから安心」と思っていたら大まちがい。効きすぎて危ない、安全が確認できてない…そんな成分もあるんです。下の3つは要注意ですよ。

・メラトニン

<副作用の不安が大きい>
体内で睡眠を司るホルモン「メラトニン」。こうした体のホルモンに直接効く成分は、副作用がはっきりとわかっていません。躁鬱などの症状を起こす可能性も指摘されており、必要なら医師に処方してもらうべき。サプリで摂るのは危険です。

・葉酸

<まともなサプリは少ない>
妊婦さんが摂る「葉酸」は、かなり危険度の高い成分。米デュポン社から、信頼できる葉酸が開発されたのは、ごく最近のこと。葉酸として出回る多くの製品が不確かなもので、赤ちゃんの健康を損ねかねません。医師に処方されたものを飲んで。

・イチョウ葉エキス

<物忘れ解消には効かない>
「イチョウ葉エキス」は、アルツハイマーを発症した脳の血管を通り、抗酸化作用で細胞を守る効果が。しかし作用が強いため、欧州では医薬品扱いの成分。また、発症前の脳には何の効果もありません。物忘れ解消に摂るのは無意味です。

【お話を伺った方】金沢和樹先生
吉備国際大学地域創成農学部教授。食材の健康機能を数多く発見している、サプリメント研究の草分け的存在。著書に『まちがいだらけのサプリ選び』(双葉社 \1,575)他。

続きを読む




サボテンダイエットなら食欲を抑制できる

提供:gooヘルスケア

サボテンダイエットなら食欲を抑制できる

サボテン

 サボテンは乾燥地で良く見られる植物です。
 たくさんの刺が付いている種が多いですが、そんなサボテンが近頃ダイエットに良いと話題になっています。
 サボテンは乾燥地でも枯れないように中に多くの水分を取り込めるようになっています。
 サボテンの中でもウチワサボテンには特に満腹感を与えて食欲を抑制すると言う成分が豊富に含まれていると言われています。
 食物繊維が豊富なので整腸作用まで期待できますし、さらに動脈硬化の元になる悪玉コレステロールを善玉コレステロールへと変えてくれる作用まで期待されています。
 ダイエットだけじゃなく健康維持にも繋がりやすいのがサボテンの良い所です。
 

 サボテンを毎日召し上がるのではとても大変です。
 最近ではウチワサボテンのサプリメントが販売されているので、効率よく有効成分を体内に補給することが出来ます。
 実物のサボテンを持ち運ぶのは無理ですが、サプリメントならどこへでも持ち運べます。

続きを読む




モリンダ・シトリフォリアダイエットとは

提供:gooヘルスケア

モリンダ・シトリフォリアダイエットとは

モリンダ・シトリフォリア

 モリンダ・シトリフォリアダイエットとは、モリンダ・シトリフォリアを原料としたジュースやお茶、サプリメントなどを飲むダイエットです。モリンダ・シトリフォリアという名前よりも、ノニの方が知られているかもしれません。日本でも沖縄などに自生していて、日本名はヤエヤマアオキです。古代からポリネシアでは「自然治療薬」「ハーブの女王」「奇跡のフルーツ」などと呼ばれていました。ポリネシアでは、葉を患部に当てたり、実は食用にしたり、その他の根も花も種も、すべとを利用してきたそうです。研究では、ビタミンやミネラルなどの栄養素が140種類以上含まれていることが判明しています。基礎代謝をアップする効果があり、それにより脂肪燃焼を促進させるのでダイエットにも効果があると言われています。

 モリンダ・シトリフォリアの効果については、アメリカやフランスなどが研究していて、日本でも効果が発表されています。ノニジュースやサプリメントとして目にすることが多いのですが、まだ効果のメカニズムはすべてが解明されているわけではないようです。

続きを読む



ビール酵母ダイエットで健康的に痩せる

提供:gooヘルスケア

ビール酵母ダイエットで健康的に痩せる

ビール酵母

 ビール酵母ダイエットはビールを作るときに必要で、栄養成分豊富なビール酵母を利用したダイエット方法です。
 ビール酵母は麦芽を発酵させるときに用いられています。
 ヨーグルトやチーズ、味噌、納豆など発酵食品に見られる整腸作用があります。
 麦芽に多く含まれるビタミンやミネラルが、発酵させる過程でビール酵母に移っており美容や健康にも良いのが魅力です。
 ビール酵母はビールを作った後には家畜の肥料にされているので、人が摂取するにはビール酵母のサプリメントを使われると良いです。
 サプリメントならアルコール分がダメな方でも問題なく摂取することが可能です。
 粉末タイプのビール酵母サプリメントならヨーグルトなどにかけて置き換えダイエットにも用いることが出来ます。

 ビール酵母には水分を吸収すると膨張する成分も含まれているので、お食事前に召し上がると満腹感も得ることが可能です。
 美味しいお料理を前にすると我慢できなくなって、つい食べ過ぎてしまうと言う方にピッタリなのでチャレンジしてみて下さい。
 

続きを読む



サプリが働くしくみ【目的別サプリえらび】

提供:gooヘルスケア

supple

あなたが毎日飲んでいるそのサプリ、ホントに効いてますか?

「サプリメントの効用をうたい、根づかせた人間として、今のブームに責任を感じます」と反省の弁を述べるのは、神戸大学で栄養化学を教える金沢和樹先生。30年も前に食べ物の「発がん抑制成分」を発見したものの、当時は誰も信じなかったとか。「今は多くの研究者が競って開発しています。でも加熱しすぎて、体に必要ないもの、摂っても効果が期待できないものまで売られている」たとえばラットに与えた量を、体の大きい人間が摂っても効果は期待できません。なのに、体に効かない量で商品になることも多いとか。「逆にたくさん飲めば効く、というのも誤解です。そもそもサプリは体には異物だから、すぐ外に出そうとする。排出する過程で、細胞などに働きかけ効果を生みますが、必要以上に摂っても捨てられるだけです」また食事で摂る基本の栄養素、炭水化物やビタミンなどが不足だと、サプリだけ摂っても働かないそう。「とはいえ体に必要なサプリもある。見分ける目と正しい使い方を知ってほしいですね」。賢く取り入れ、健康に役立てて。

今回は「サプリが働くしくみ」についてお話します。

サプリが働くしくみ

サプリメントは、食物から抽出した成分です。でも食物に含まれる、「たんぱく質」などのように、体内で分解できません。分解できない成分は、体に“不要なもの”とみなされ捨てられることに。しかし一部はすぐ排出されず、血液中に出回ります。これが体の様々な細胞や酵素に働きかけて、「効く」という作用が起こるしくみ。ただこうした成分は、食物に含まれる同様の成分のほうが働きやすいので、食物での摂取が理想です。

【お話を伺った方】金沢和樹先生
吉備国際大学地域創成農学部教授。食材の健康機能を数多く発見している、サプリメント研究の草分け的存在。著書に『まちがいだらけのサプリ選び』(双葉社 \1,575)他。

続きを読む



Sorry. No data so far.