グルテンフリーダイエットは痩せるためのもの?

脱タンパク

 今、欧米ではグルテンフリーダイエットが流行っています。
 このグルテンフリーダイエット、そもそもはアレルギーの患者さんへの対処法でした。
 グルテンは小麦・大麦・ライ麦・オーツ麦等に含まれ、欧米では主食ともなる食品です。このグルテンを摂取すると小腸に炎症反応が起こり、便秘や腹痛等起こす病気がセリアック症(グルテン不耐症)です。程度によりグルテンアレルギー、グルテン過敏症などとも言われます。
 そういった中、日本でも食生活の欧米化に伴ってグルテン食品が増え、同時にグルテンアレルギーの患者数も増加しています。
 アレルギーというからには、それを摂取しないのが一番良いのは周知の事実です。そういった人は、グルテンを摂取しない生活で体調が改善し、より健康になるわけです。また、消化器系等の問題が改善されれば、体形がどう良くなるかも、ダイエットを気にしている人であれば御存知ですよね。

 元来、日本食にはそれほど多くの小麦粉は使用されていませんでした。それが食生活の欧米化の流行とともに、一日のうちでも多量のグルテンを摂取するようになったのです。どうもおなかの具合がいつも良くない、と感じる方は、一度、グルテンフリーと試してみるのも良いかもしれません。完全フリーでなくても摂取量を減らすだけでも効果があるかもしれません。アレルギーでなくとも、日本の伝統的な食生活に立ち戻る機会にもなりますね。