夕食前に食べるだけ!キャベツダイエット

キャベツ

 キャベツダイエットとは、夕食の前に生のキャベツを食べることで食欲を抑え、さらにダイエットに必要なビタミン類を摂取するこができるダイエット方法です。
このダイエットで大切なことは、キャベツをよく噛んで食べることです。
ですから、4センチ角程度のざく切りにした生のキャベツをゆっくり噛んで食べるのが効果的です。
生のキャベツが苦手だったり飽きたりした場合は、大きめに切ったキャベツを軽く茹でても構いませんが、千切りにしたり軟らかく煮たりするのはお勧めできません。
キャベツをよく噛んで食べると程度お腹がいっぱいになるので、あとはご飯とおかずを少なめに食べて夕食はお終いにします。
食事の量が減れば摂取カロリーは減りますし、ビタミンを多く摂取することで代謝を良くし、脂肪が燃焼しやすい身体を作ることができます。

 このキャベツダイエットは特に何かを我慢しなければいけないことがないので、ストレスがかかりにくいのがメリットです。
キャベツだけでは栄養が偏ってしまうので必ずキャベツの後には食事をとり、量は少なめでも栄養バランスの良いメニューを心掛けましょう。