食事制限ナシ、食べる順番ダイエット

食べる順番

 食べる順番ダイエットとは、糖尿病・動脈硬化症等の生活習慣病の専門クリニックである梶山クリニックの梶山靜夫院長が糖尿病患者の為に考えた食事療法を元にしたダイエット方法です。
 食べる順番ダイエットでは、食後に血糖値が高くなってしまうのをいかに抑えるかという点に重きを置いています。
 血糖値が高い状態が日常的に続くと満腹感が得られにくくなり、結果として食べ過ぎしてしまい肥満、さらには糖尿病を引き起こします。
 食べる順番ダイエットでは、まず一番最初に野菜を先に食べるように勧めています。その後、肉や魚などのおかず類を食べ、主食であるごはんや麺類などの炭水化物は最後に食べます。こうすることで最初に食物繊維が消化されるため、炭水化物が吸収されるまでワンクッション置くことができ、結果として血糖値が急激に上がるのを抑えてくれます。
 また食事はゆっくり食べるようにも勧めています。時間をかけて食事を摂ることで、満腹中枢が満たされ食べ過ぎを防ぐことができるからです。

 元々は糖尿病患者の為に糖尿病専門の先生が作られた食事療法ですので、食べる順番ダイエットは根拠がはっきりしないダイエット法とは違い、医学的・論理的にきちんと考えられたダイエット法で、安心・安全に取り組める方法です。