食物繊維で食欲抑制、通便になる

食物繊維

 食物繊維は消化が遅く、血糖値を上昇させにくいため腹持ちを良くする効果があり過剰に食べるのを防ぐ効果があります。
 食物繊維には2種類あり、不溶性食物繊維と水溶性食物繊維があります。食欲抑制には水溶性食物繊維、便秘解消には不溶性食物繊維が好まれています。
 不溶性と水溶性の割合は2:1の割合で摂取がバランスよいとされています。
 食事の前にこの食物繊維を最初に摂取することが重要になってきます。
 摂取方法としては茹でたり、煮たりすることで野菜のカサが減りますので少量で食物繊維を取り入れることができます。
 お米を食べる時は普通の米ではなく、玄米などを使用がおすすめです。
 野菜以外にはきんぴらごぼう、ひじきなども豊富に食物繊維が含まれていますので是非利用して頂ければと思います。

 食事の順番を変更し食物繊維を先に摂取ことで腹持ちがよくなったり、便通がよくなることでダイエット効果あります。食物繊維は2種類あるため一方だけではなくバランスよく摂取することがダイエットの近道と言えます。