古来より漢方としても使われた雪茶

雪茶

 雪茶は、古来より中国の漢方の材料としてもつかわれている野草を利用したお茶です。
 雪茶は烏龍茶の約3倍以上の脂肪分解率があると言われていて、体の中に貯められた脂肪を分解してくる作用を期待されています。
 さらにアミノ酸やビタミンも豊富に含まれていています。アミノ酸はリパーゼという脂肪の燃焼を促進させてくれる酵素を活性化すると言われています。
 さまざまな栄養素が、ダイエットだけでなく、健康にも効果的が期待できるうえに、お茶として飲んでも、おいしくいただけるので、毎日の習慣にいいのではないでしょうか。
 

 かつてはチベットにしか無い、貴重な野草だったものが、現在では比較的簡単に手に入れることが出来るようになりました。カフェインは含まれていませんので、眠る前に飲んでも大丈夫です。のみやすい雪茶をぜひ試してみてください。