自分に合った食材を知る血液型ダイエット

血液型

 アルコールの分解能力に個人差があるように、人それぞれに消化酵素などの働きは違います。これを「血液型によってタイプ分けできるのではないか?」という考えから生まれたのが血液型ダイエットです。
 
 たとえば、農耕民族がルーツとされるA型の人は、野菜や穀物を取り入れやすい半面、肉や魚、乳製品などは苦手としています。
 逆に、遊牧民族がルーツとされるB型は、肉や魚、乳製品といった食材が得意です。
 A型とB型の中間であるAB型は、どちらの食材もそこまで得意でも不得意でもありません。最後に、狩猟民族の要素を持つO型ですが、これはB型に似ているものの「乳製品が苦手」というのが大きな違いです。
 
 こうした点に気をつけて食生活を改善し、健康になることで痩せることを目指します。

 すぐに効果の出るダイエットではなく、どちらかと言うと健康法に近いものですから、短期間で痩せるのが目的という人よりは、美肌などの効果も求める人向けです。
 また、他の食事ダイエットを選ぶ際の参考にするのも良いかも知れません。