炭水化物「抜かない」ダイエットのすすめ

炭水化物「抜かない」

 炭水化物を抜くというダイエット法があります。炭水化物を抜くことで、摂取カロリーと血糖値の上昇が抑えられて、ダイエット効果が期待できます。
  しかし、炭水化物は必須栄養素です。炭水化物をすべて抜き続けるということはリスクが高いのです。エネルギー不足になり、筋肉が減って基礎代謝が下がるので、痩せにくい体になったり、疲れやすく、活動量が減ってしまう恐れがあります。また、肌荒れや体調不良を引き起こすこともあるので、注意が必要です。
  炭水化物を「抜かない」ダイエットをするうえで気を付けたいことは、色の付いたものを摂るようにするということです。生成された色の白い炭水化物は、GI値が高く、血糖値が上がりやすく、太りやすい食材と言われています。玄米やそば、全粉粉など生成されていないものを少量食べるように気を付けることが大切です。

 炭水化物を「抜かない」というダイエットは、炭水化物好きの人にとっては、うれしいダイエットですが、白いご飯やバターや砂糖たっぷりの菓子パンなどをたくさん食べてよいというワケではありません。食べるものと量に気を付け、栄養のバランスに気を付けて食事をすることが重要です。