朝食リンゴニンジンジュースとは

朝食リンゴニンジンジュース

 朝食リンゴニンジンジュースとは、朝食をリンゴニンジンジュースにするダイエットです。医学博士でイシハラクリニック院長、グルジア共和国科学アカデミー長寿医学会名誉会長の石原結實氏がすすめるダイエットです。リンゴニンジンジュースには、ミネラル、カロチン、ファイトケミカル、葉酸、ビタミンB12、ペクチン、オリゴ糖などが含まれるので、内臓や骨の強化、免疫力のアップ、解毒作用などの効果があるとされています。また、糖分もあり、空腹感を和らげてくれます。乳酸菌や善玉菌を増やす効果も期待できます。作り方は、リンゴ1個とニンジン2本をジューサーにかけるだけです。このジュースを朝食の代わりに1~2杯飲みます。朝食と一緒に飲むのなら1杯程度となります。
 

 石原結實氏は、朝食抜きの一日二食や半日断食などを推奨されている先生なので、リンゴニンジンジュースは、断食や朝食抜きの際に飲むことをすすめているものジュースですが、栄養が豊富なので普通に飲んでもよいものだと思います。