夕食抜きダイエットとは

夕食抜き

 夕食抜きダイエットとは、朝食と昼食は普段通りにとり、夕食だけを抜くダイエットです。夕方を過ぎる時間帯から、人間は食物の吸収率が高まると考えられています。22時~2時は脂質が特に吸収されやすいとされています。このようなことから、夕食を抜くことで効果的にダイエットできると言われています。朝や昼は普通に食事してよく、どうしても我慢できない場合は、夕方に軽めの食事をとることも許されています。また、牛乳や豆乳などが入った飲み物をとると空腹が収まります。それでも空腹が続く場合は、寝てしまった方がよいかもしれません。夕食を抜くので、昼食と次の日の朝食までの時間が長くなることになり、血糖値の上昇や食事の吸収率が上がるということが起こることがあります。
 

 夕食抜きダイエットは、慣れるまでが大変だと思いますが、温かい飲み物をとると空腹が落ち着くことがあります。また、軽い運動やその場で素早くダッシュする運動をすると空腹がおさまるとされています。無理のないダイエットをしてください。