炭水化物を食べて痩せる!おにぎりダイエット

おにぎり

 おにぎりはお米の塊なので、要するに完全に炭水化物の塊といえる食べ物です。
 普通の食事制限ダイエットでは、炭水化物はやめるというのが基本になっています。
 しかしおにぎりを1日3食しっかり食べて痩せてしまうということであれば大注目です。
 おにぎりダイエットの基本としては、朝1個、昼3個、夜1~2個のおにぎりを食べます。
 この時野菜の料理や野菜スープなど、必要な栄養素を含むおかずもきちんと食べます。
 そして甘い食べ物や脂っこい料理は、できるだけ控えていくことも大切です。
 最も重要なのは、おにぎりやお米は、決められた個数以上は絶対に食べてはいけないことです。
 おやつなどの間食も、できるだけなくしていくと効果があがります。

 おにぎりダイエットを飽きずに続けていくコツは、おにぎりに詰める具にあります。
 一種類では飽きてしまうので、自分の好きな具を、かならず数種類用意しておきます。
 海苔を使わず、ごま塩や紫蘇をまぶすなど、味を工夫してみると楽しくなります。