白菜はカロリーが低いのでダイエット向き

白菜

 私達の身近な野菜の白菜ですが、カロリーは100gで14kcalなので、4分の1サイズでで300g程度と考えると野菜の中でもかなり低いです。約95%が水分で出来ているのでダイエットに向いています。白菜には豊富な食物繊維があるため、胃腸の働きを促します。その結果お通じが良くなるので、気になるお腹のぽっこりも改善できます。栄養成分のカリウムは、体内のナトリウムの排出するので、むくみ太りなどに効果が期待できます。白菜ダイエットを成功させるには鍋がおすすめです。ただし、お肉の脂には気をつけて下さい。鶏肉を使う時は、皮と脂を包丁で落としたり、
 豚肉の中でも油分の多いバラ肉は控えましょう。しめの雑炊もだしに油が溶けて意外と高カロリーになっています。食べたい時はしらたきにすると良いです。白菜やお豆腐などを多めに入れた水炊きなどがカロリーが低めでオススメです。
 

 白菜は同じアブラナ科のキャベツと似ていますが、糖質が少ないのがダイエットには白菜の方が優秀と言えます。そして、最大の魅力は調理法の多さです。鍋物、煮込み系スープ、炒め物など幅広く料理に使えるので飽きずに食べられます。自分なりにアレンジを加えながら、美味しく白菜を食べダイエットを長続きさせましょう。