けがや病気で休んだときにもらえるお金 傷病手当金

傷病手当金の受給資格

 傷病手当金の支給条件は以下の通りです。
 1、業務外の理由のけがや病気で休業していること
 →切迫早産や、流産、悪阻での入院や安静でも受給することが出来ます!
 
 2、仕事につくことができないこと
 
 3、3日連続を含んだ4日以上の休業があること
 支給対象となるケース 休業 休業 休業 休業 【休業】←ここから支給スタート
 支給対象とならないケース 休業 休業 出勤 休業 休業 出勤
 
 4、給与の支払いを受けていないこと
 給与の支払いを受けている場合でも傷病手当金の支給額よりも少なければ支給対象になります。
 いつもよりもお給料が激減しているよという場合には傷病手当金の支給額をチェックしてみましょう。

傷病手当金の支給金額と日数

 傷病手当金は通常支給されていたお給料の額を基準に計算されます。
 日給(標準報酬月額÷30)×3分の2×支給日数
 支給される日数は「支給開始した日から1年6ヶ月」です。
 つまり、3日連続で休業した次の休業した日から数えて、1年6ヶ月となります。
 1年6ヶ月の間ずっと休業していれば日給×3分の2×1年半の満額が支給されます。
 ただし、1年6ヶ月の間に一度復職したとしても支給期間のカウントは停止しません。
 6ヶ月休業→1ヶ月就業→1年休業、となった場合は1年5ヶ月分が支給されるのです。

傷病手当金の請求方法

 支給対象となった場合は、健康保険組合に「健康保険傷病手当金支給申請書」を提出します。
 健康保険傷病手当金支給申請書には、氏名生年月日、手当金の振込先情報の他、傷病名、療養した期間、その期間に報酬を受け取ったか否かを記入します。
 そして、会社に休業した期間や賃金支払い状況を、医師に傷病名や治療期間、入院期間、療養期間を記入してもらいます。
 医師には、申請したい期間が過ぎてから記入してもらいましょう。
 例 1月15日から3月15日までの傷病手当金を請求する場合→3月15日以降に医師に記入を依頼。
 退職後でも傷病手当金が貰えるケースがあります。
 それは、1年以上健康保険に加入しており、退職日の前日にすでに傷病手当金を受け取っていた場合、もしくは受け取る条件を満たしていた場合です。
 ただし、退職後の場合は、一度仕事ができる状態になってから再度休職しても傷病手当金を受け取ることは出来ません。
 例
 退職→①1ヶ月休業→復帰→②1ヶ月休業
 ①は支給対象
 ②は支給対象外
 切迫流産や早産が原因で休職しそのまま退職することになった場合も傷病手当金を受け取ることができる可能性がありますのでもう一度支給条件を確認してみましょう。
 怪我や病気で長期の入院や休業を余儀なくされ、給料が減額、もしくは無給状態になっても健康保険に加入していれば最長1年半は日給の3分の2が傷病手当金という制度で支給されます。
 退職後も基準を満たしていれば申請ができますので、一度基準を確認しておきましょう。
 申請には医師と会社との証明が必要になります。