生命保険料控除で税金を安くしよう!

住民税、所得税の税額はどうやって決まる?

 控除の解説をする前に、私たちの支払う税金の金額がどうやって決まるかを簡単にご説明します。税金の世界では収入と所得は別の言葉です。
 収入とはお給料の総支給額ですが、所得とは「税金をかける金額」です。
 所得は収入から各種控除を差し引いた額のこと。
 サラリーマンの場合所得税や住民税の税額が決まる「所得」は「収入−各種控除」で計算されます。各種控除とは、配偶者控除や扶養控除、生命保険料控除などです。
 つまり各種控除が多ければ多いほど支払う税金は少なくなるという訳です。
 養っている家族がたくさんいて多額の保険料を支払い、医療費もかかっているという人は税金が安く、逆に一人暮らしで保険料も医療費もかかっていないよ、という人の税金は高くなります。

所得税は年末調整することにより戻ってくるかも?

 サラリーマンの場合、給料やボーナスから源泉(天引き)されている税金は「所得税」と「住民税」です。
 所得税は前年度の収入を元に計算され「予定納税」という形で毎月納めています。
 それに対し住民税は前年度の収入や年末調整の内容を基準に役所が計算し税額が決定します。
 なぜ所得税だけ予定納税か、というと所得税は収入だけではなく家族の扶養状況や生命保険料の控除といった毎年変化する出費や状況に応じて納付額が変わるからです。
 サラリーマンはその変化を「年末調整」で報告をし、所得税の納付額を確定させるのです。
 つまり、各種控除が多ければ多いほど支払った税金がたくさん戻ってくると言う訳です。
 控除の代表的なものは以下のとおり。
 配偶者控除、配偶者特別控除、扶養控除、医療費控除、生命保険料控除、地震保険料控除、住宅ローン特別控除など。

生命保険料控除の方法と必要書類

 生命保険料控除、とは、医療保険や生命保険に加入し支払っている1年分の保険料【契約内容や時期によって限度額4万円〜12万円】に対しては税金をかけないよ、というものです。
 サラリーマンはあらかじめ所得税はお給料から天引きされていますので年末調整で生命保険料を支払っていることを証明すれば、生命保険料分の所得税が還付されます。
 1年間に4万円支払っている場合、4万円が還付されるのではなく4万円に対して課税された所得税が還付されます。
 税率が10%という人は4,000円還付されることになります。
 生命保険料控除を受けるためには、保険会社が発行する保険料支払い証明書が必要です。
 毎年、年末調整の時期になると保険会社から自動的に送付されてきますので忘れずに保管しておきましょう。
 年末調整の際に、自分が加入している生命保険会社名や支払っている保険料を記入の上書類を添付するだけの簡単な手続きで完了します。
 年末調整といえば、毎年小さい文字が沢山書かれている書類に名前を書いてと印鑑を押すだけ、という人は税金を支払いすぎているかもしれません。
 生命保険に加入している場合は、その分の所得税が戻ってきますので、書類を提出し、支払いすぎた所得税を取り戻しましょう。
 住民税は、年末調整を元に天引きされ、後から取り戻すことは出来ませんので、しっかりと年末調整で生命保険料控除を反映させておくことが大切です。